« 5日の呟き 13 tweets | トップページ | 7日の呟き 22 tweets »

2015/01/06

6日の呟き 8 tweets

  1. 全国の都市を取り上げるっつっても、京都の他は、大阪、名古屋、神戸、広島、福岡くらいだよなぁ。松江とか取り上げられても、は?って感じだもんなぁ。 #ブラタモリ #nhk
  2. 佐村河内氏との著作権契約を解除/他人に作ってもらった曲を自分の作品として公表していた佐村河内守氏の楽曲を巡り、著作権を管理していた団体が、著作権が誰にあるのか疑義が解消されないとして、佐村河内氏名義のほぼすべての曲の管理契約を解除したことが分かりました。◆今後、これらの楽曲を利用する人は、使用料などを佐村河内氏と直接交渉する必要があり、専門家は「作品を利用しづらくなる可能性がある」と指摘しています。◆この問題は、聴覚障害を乗り越えて作曲活動をしているとしてきた佐村河内守氏が、実際には作曲家の新垣隆氏に曲作りを依頼し、自分の作品として公表していたもので、佐村河内氏は、著作権については新垣氏との合意で自分のものになっているとしています。◆このため、楽曲の著作権を管理しているJASRAC=日本音楽著作権協会は、佐村河内氏に対して著作権が誰にあるのかが分かる資料の提出を求めていましたが、回答された資料ではいつ著作権が佐村河内氏のものになったのかなど、疑義が解消されなかったとして、先月31日付けで、佐村河内氏名義の100曲を超えるほぼすべての著作権管理の契約を解除しました。◆この中には、クラシックとしては異例のヒットを記録した「交響曲第1番HIROSHIMA」や、ソチオリンピックでフィギュアスケートの高橋大輔選手のショートプログラムで使われた「ヴァイオリンのためのソナチネ」などが含まれています。◆契約が解除されたことにより、これらの楽曲をコンサートなどで利用する人は今後、使用料など佐村河内氏と直接交渉する必要があるということです。◆また、問題が発覚したあと保留されていた著作権使用の分配金ついて、JASRACは今後、弁護士と協議して対応を決めたいとしています。◆著作権に詳しい池村聡弁護士は、「今後、著作権者がJASRAC以外の著作権管理団体と契約しなければ使用料は著作権者が自由に決められる。利用者は楽曲を利用しづらくなる可能性がある」と指摘しています。◆佐村河内守氏の代理人を務める山縣敦彦弁護士は、NHKの取材に対して、「こちらとしては、著作権の帰属について疑義はないと考えているが今後の対応を協議していきたい」と話しています。
    あと件のゴーストライター問題発覚以降佐村河内関連の著作権使用料の(JASRACへの)支払いがどのくらいの額だったのかも気になる。RT @nhk_news 佐村河内氏との著作権契約を解除 http://t.co/8lKvZYvTFF #nhk_news
  3. 著作権って音楽出版社に譲渡しているのが普通だと思ってたけど、クラシックの場合そうでもないのか?何れにしても著作権者が誰かは実際に作曲したのが誰かとは別の問題だよな?RT @nhk_news 佐村河内氏との著作… http://t.co/8lKvZYvTFF #nhk_news
  1. 黄身の重さは みんな同じ? 問題。/ことのはじまりは、◆糸井重里が昨日リツイートした◆この情報でした。◆「たまごが大きくても小さくても◆ 黄身の重さはほとんど変わりません。◆ 大きなサイズは白身の量が多いのです」◆という情報。◆それに対して糸井は、◆「にわかには信じがたいのですが‥‥◆ 正直、まだ信じてません。」と。◆その後もこの件が気になった糸井は、◆こんなツイートをしたあとで、◆ついに、こんなツイートも。◆そんなわけで本日さきほど、◆「ほぼ日」のキッチンにて、◆「たまごが大きくても小さくても◆ 黄身の重さはほとんど変わらないのか?」◆の検証を行いました。◆様々なサイズのたまごを用意しまして、◆それぞれを割り、◆それぞれの黄身を軽量しました。◆LMSで、2回ずつ計量しました。◆果たして、黄身の重さはだいたい同じなのか?◆じゃーん。◆結果は写真のとおりです。◆‥‥ちいさなたまごは、◆やっぱり黄身もちいさいような‥‥◆そんな結果に思えるのですがいかがでしょう?◆ちょっと表記がわかりにくい?◆たとえば、◆ ──────◆  S 14g◆  (56g)◆ ──────◆となっているのは、◆全体で56gのたまごの黄身は14g◆ということです。◆さらに糸井が言いました。◆「それぞれの黄身の重さの◆ パーセンテージを知りたいね」◆で、計算したのがいちばん下の写真です。◆%で書いてある数字が、◆そのたまご全体の重さに対する黄身の重さです。◆「Lサイズは白身が多い」とすれば、◆重いたまごほど黄身の%は少ないはずですが‥‥。◆と、ここでは、◆2回行った検証の結果のみをおしらせいたします。◆検証結果。◆「実感として小さいたまごは黄身もちいさい◆ って思ったのは、あってた気がする」◆でございましたー。
    キユーピーとかマヨネーズ用の卵をどんな風に調達してるのか気になる。RT @itoi_shigesato 「卵の黄身の大きさは、卵の大小に関わらず同じです」‥‥を、ほんとかよ?!と調べてみた結果は、こうでした。http://t.co/g2mbojc72A やっぱり同じとは言いに…
  2. サンプル数2個は少ないが、大きく違いはしなさそうだな。RT @itoi_shigesato 「卵の黄身の大きさは、卵の大小に関わらず同じです」‥‥を、ほんとかよ?!と調べてみた結果は、こうでした。http://t.co/g2mbojc72A やっぱり同じとは言いにくいよ。実感…
  3. ん?雨やんだ? #odawara
  4. 1位が一番普通じゃねぇか。 #FujiTV
  5. 「花燃ゆ」初回視聴率が歴代3位の低さ……残念な理由は/女優の井上真央さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の初回が4日、放送され、平均視聴率は16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。昨年の「軍師官兵衛」の初回視聴率(18.9%)を下回り、1963年以降、89年の「春日局」(初回14.3%)、77年の「花神」(初回16.5%)に次ぐ史上3番目の低さとなった。◆【写真特集】少女時代の文が井上真央そっくり 第1話の場面写真◆ 「花燃ゆ」は、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・杉文(ふみ)が主役のオリジナル作品。文は長州藩の尊王攘夷(じょうい)派の中心人物・久坂玄瑞(くさか・げんずい)と結婚し、久坂が死去した後は、群馬県初の県令(現在の県知事)の楫取素彦(かとり・もとひこ)と再婚した人物で、ドラマでは動乱の幕末の長州で、困難を乗り越えて、まっすぐに生きた文の生涯が描かれる。吉田松陰役の伊勢谷友介さんをはじめ、久坂玄瑞役の東出昌大さん、高杉晋作役の高良健吾さんらが出演することから「イケメン大河」としても注目されている。◆ 第1話「人むすぶ妹」は、少女時代の文(山田萌々香さん)が描かれた。長州藩で若き兵学者として期待を集める文の兄・寅次郎(伊勢谷さん)は遊学中に世界情勢を知り、日本の未来に危機感を募らせる。そんな時、自身と同じ思いを持つ小田村伊之助(後の楫取素彦、大沢たかおさん)と出会う……という展開だった。◆ 「花燃ゆ」は、総合テレビで毎週日曜午後8時、BSプレミアムで午後6時に放送。初回は60分の拡大版として放送された。全50回
    単純に裏番組が強力だったからと思う。大河は6時からのBSもあるし土曜の再放送もあるし。(ぼくは録画してまだ見てない) http://t.co/F9QpUJCWNe

|

« 5日の呟き 13 tweets | トップページ | 7日の呟き 22 tweets »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39572/60996212

この記事へのトラックバック一覧です: 6日の呟き 8 tweets:

« 5日の呟き 13 tweets | トップページ | 7日の呟き 22 tweets »