« 2日の呟き 4 tweets | トップページ | 4日の呟き 10 tweets »

2014/12/03

3日の呟き 13 tweets

  1. 300人乗り列車立ち往生 JR仙山線、雪で停電か 山寺-面白山高原間
    山形新幹線は何で仙山線じゃなく福島から奥羽本線なんだろう?と思ったけど、やっぱ仙山線の方が弱いのか?RT @Sankei_news 雪で停電か JR仙山線で停電が発生し、乗客約300人が閉じ込められました - 産経ニュ… http://t.co/cDNjqcxrFa #news
  2. 不定愁訴外来に行けばいいのかしら? #nhk
  3. 今日も集ってる。 #ムクドリ
    今日も集ってる。 #ムクドリ http://t.co/5ccitRKNqw
  4. よく見たら、「春のPon!祭り」って、今、年末だぜ。 #ntv
    よく見たら、「春のPon!祭り」って、今、年末だぜ。 #ntv http://t.co/wjprAeo19y
  5. そして同封されていたPon!のクリア(じゃない)ファイル。あれば何かの役には立つだろうけど、正直人前には持って行きたくない。 #ntv
    そして同封されていたPon!のクリア(じゃない)ファイル。あれば何かの役には立つだろうけど、正直人前には持って行きたくない。 #ntv http://t.co/xJZBYsNF5x
  6. 日テレから、千と千尋の神隠しの本が届いた。よく分からないまま応募したのだが、こんなに大きくて立派な本だったとは。 #ntv
    日テレから、千と千尋の神隠しの本が届いた。よく分からないまま応募したのだが、こんなに大きくて立派な本だったとは。 #ntv http://t.co/q6OSFgDNxS
  7. #南関東ブロック っておかしくね?山梨はいつ関東になった!? 右側はただのキャラクターだし。 #衆院選
    #南関東ブロック っておかしくね?山梨はいつ関東になった!? 右側はただのキャラクターだし。 #衆院選 http://t.co/Q7UpIBxMc5
  8. 「はやぶさ2」打ち上げ成功/4年前、世界で初めて小惑星の微粒子を地球に持ち帰った日本の探査機「はやぶさ」の後継機、「はやぶさ2」が、3日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。◆「はやぶさ2」は午後3時10分ごろ、予定の軌道に投入され、打ち上げは成功しました。◆「はやぶさ2」を載せたH2Aロケット26号機は、午後1時22分、打ち上げの5秒前に1段目のメインエンジンに点火され、ごう音とともに発射台を離れました。◆補助ロケットや1段目を切り離して上昇し、打ち上げからおよそ1時間47分後の午後3時10分ごろ、「はやぶさ2」を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功しました。◆「はやぶさ2」は、2003年に打ち上げられ、地球から3億キロ離れた小惑星「イトカワ」から、度重なるトラブルを乗り越えて、4年前、地球に帰還した「はやぶさ」の後継機です。◆前回の「イトカワ」とは違う水や有機物を含む別の小惑星から石や砂を地球に持ち帰り、太陽系が誕生した当時の姿や生命の起源を探る計画です。◆本体は、高さが1メートル25センチある箱形で、2つの円形の通信用アンテナや太陽電池パネルが取りつけられているほか、動力源の「イオンエンジン」は、前回のはやぶさより推進力や耐久性が増しています。◆また「インパクタ」と呼ばれる今回新たに搭載された装置は、金属の弾丸を秒速2キロという高速でぶつけるもので、小惑星内部の物質を採取するのに使われます。◆はやぶさ2はこのあと、3年半の歳月をかけて目的の小惑星にたどりつき、東京オリンピックが終わったあとの2020年12月ごろ、小惑星の石や砂が入ったカプセルを地球に帰還させる予定です。◆JAXAの最寄り駅の相模原市のJR淵野辺駅には3日、「はやぶさ2」の打ち上げを応援しようと大型スクリーンが設置され、地元の親子連れなどおよそ300人が集まりました。◆そして、中継映像を見ながら全員でカウントダウンを行い、午後1時22分、「はやぶさ2」を載せたH2Aロケットが無事打ち上がると、歓声と拍手がわき起こりました。◆中には大漁旗をふって「はやぶさ2頑張れ」とエールを送る人もいました。◆子どもと一緒に訪れた母親は「無事、打ち上がった姿を見て本当に感動しました」と涙ながらに話していました。◆また、会場では淵野辺駅前の商店街の関係者が「はやぶさ2」をデザインしたピンバッジなどを販売し、人気を集めていました。◆商店街の理事を務める男性は「はやぶさ2が2020年に帰還するまで、商店街をあげて応援していきたい」と話していました。◆打ち上げが成功した日本の小惑星探査機「はやぶさ2」に、地元特産のトマトをPRするキャラクターの画像が収録されている埼玉県北本市では、地元の園児達が集まって打ち上げの様子を見守りました。◆とまちゃんは「宇宙にいくこと」が夢だったということで、午後1時22分すぎに「はやぶさ2」を乗せたロケットが打ち上がると、子どもたちからは「いってらっしゃーい」と大きな声援が送られていました。◆打ち上げを見守った男の子は、「ロケットが勢いよく飛んでかっこよかった。大きくなったら宇宙へいってみたい」と話していました。◆4年前、数々のトラブルを乗り越えて地球に帰還した日本の小惑星探査機「はやぶさ」。◆その後継機「はやぶさ2」は、水や有機物を含んでいる小惑星「1999JU3」から石や砂を採取して地球に持ち帰り、太陽系が誕生した当時の姿や生命の起源に迫る計画です。◆この「はやぶさ2」の開発には、日本のものづくりの技が、随所に生かされました。◆探査機の心臓部とも言える電気回路。◆これを支えたのも、「現代の匠」の技でした。◆はやぶさ2の飛行や制御をつかさどる電気回路の「基板」には、無数の部品が、「はんだ付け」によって、取り付けられています。◆その作業の多くは、宇宙機器メーカーの技術者、斎藤克摩さん(44)が行いました。◆基板の数にして115枚。◆多いものでは、1枚あたり2000箇所の「はんだ付け」を行いました。◆斎藤さんはこの道26年、ことし「現代の名工」にも選ばれた職人です。◆「はんだ付け」は、300度余りの熱で溶かした合金で、部品を基板に接着する技術です。◆探査機は、ロケットで打ち上げるため、できるだけ軽く仕上げなければなりません。◆このため、基板に使うはんだの量も、極力少なくする必要があります。◆一方で、ロケットの打ち上げは、ジェット機をはるかに上回る振動に見舞われるうえ、250度という極端な温度変化にさらされるため、強度の確保も重要です。◆こうした厳しい条件をクリアする斎藤さんの技のいったいどこがすごいのか。◆実際に「はんだ付け」の作業を見せてもらうと、一目瞭然で違いがわかりました。◆斎藤さんの「はんだ」は均一かつ必要最小限の量が使われています。◆一方で、3年目の技術者にも同じ材料ではんだ付けしてもらいましたが、「はんだ」の量が多すぎたり少なすぎたり、いびつな形になってしまいました。◆宇宙分野以外を担当してきたベテラン技術者にも、はんだ付けをしてもらいましたが、1ミリ以下の細い線をつなぐ部分で、「はんだ」の量が多く、チップとくっついてしまいました。◆それに比べて斎藤さんの「はんだ付け」はきれいな弧を描いていて、光沢もあります。◆宇宙分野では、1ミリ以下の精度が求められるのです。◆はんだ付けを検査する担当者は、「秀逸なものは『富士山の裾野』のようなきれいな形になる。光沢がいいのは素早くできている証拠で経験が浅いと時間がかかる。斎藤さんだとあっという間だ。同じ会社に80人くらい技術者がいるが、一番上の資格を持つのは斎藤さんただ1人だ」とその腕を絶賛していました。◆現代の名工に選ばれた斎藤さんですが、自分の技術を伝える後進の指導にも力を入れています。◆指導を受ける若手は「うまくいかないところをその都度教えてくれる。私も、はやぶさ2のように、宇宙に打ち上げるものに携わりたい」と話していました。◆決して叱りつけることなく、丁寧に指導する斎藤さんは「若い頃は失敗の連続だった。先輩は怒鳴ることなく、何度も何度も丁寧に教えてくれた」と、先輩の教えを後輩たちに受け継いでいく決意です。◆6年という長旅に出る「はやぶさ2」について斎藤さんは「初号機はさまざまな困難やトラブルに見舞われながらも立ち直って帰ってきた。はやぶさを支える技術は、まさに日本が誇るものづくりの象徴だ。無事にミッションをこなして帰ってきてほしい」と話していました。◆4歳の娘がいる斎藤さん。◆「はやぶさ2」が再び、地球に戻ってくる2020年12月には、その娘も10歳になっているということで「その頃には自分がした仕事を理解してくれるのではないか」と楽しみにしています。
    RT @nhk_shutoken: 【ニュース】鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット26号機で打ち上げられた「はやぶさ2」は、打ち上げからおよそ1時間47分後の午後3時10分ごろ、予定通り、ロケットから切り離され、打ち上げは成功しました。http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20141203/4991872.html
  9. まずは重畳。 #はやぶさ2
  10. 打ち上げ成功、6年、50億キロの旅へ/小惑星探査機「はやぶさ2」を載せたH2Aロケット26号機が3日午後、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。はやぶさ2は午後3時すぎに太平洋の約900キロ上空で正常に分離され、打ち上げは成功した。はやぶさ2は6年、50億キロの挑戦に旅立った。めざす小惑星には2018年に到着。着陸して石を採取し、東京五輪が開かれる20年に地球へ帰ってくる計画だ。◆特集:はやぶさ2◆ 種子島はこの日朝、ぱらついていた雨もあがり、雲間から日が差す穏やかな天気になった。◆ 午後1時22分4秒。秒読みがゼロになると、H2Aは爆音と鋭い光を放ちながら発射場を離れた。機体を傾けながら方向を変え、白い煙をなびかせながら東の空へと上昇した。
    前のはやぶさは内之浦からΜ5ロケットだったのに、今回H2Aなのは何で?スペック過剰じゃないの?RT @asahi_tenmon はやぶさ2を載せたH2Aロケット打ち上げまで8分を切り、カウントダウンが始まり…http://t.co/pMLbyn7UsC #はやぶさ2 #H2A
  1. 定員がある吊り橋って怖すぎるな。 #FujiTV
  2. 「寸又峡」を地元では「すんまたきょう」と言うとは知らなかった。 #FujiTV
  3. イラク軍に5万人の「幽霊兵士」 首相が報告/(CNN) イラク軍とイスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の攻防が続くなか、軍内部に実際は任務に就いていない「幽霊兵士」が少なくとも5万人いたことが分かった。アバディ首相が11月30日、議会に報告した。◆アバディ首相によると、一部の兵士たちは報酬を受け取りながら、その一部を上官に払うことによって任務から逃れていたという。◆首相が「書類を調べて初めて分かった。この1カ月間で4師団から計5万人を除隊処分とした」と話すと、議員らから叫び声が上がった。◆調査は今も続いていて、さらに多くの例が見つかる可能性もあるという。◆首相は「ほかの兵士が戦って殺されていく間に、任務を果たさず報酬を受け取っていた兵士がいたことを悲しく思う」と語り、こうした兵士らを必ず処罰すると述べた。
    「調べたら、実際は死んでいた」とかかと思ったら、違うのか。RT @cnn_co_jp イラク軍に5万人の「幽霊兵士」 首相が報告 http://t.co/DxnrbzPQOz

|

« 2日の呟き 4 tweets | トップページ | 4日の呟き 10 tweets »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39572/60786641

この記事へのトラックバック一覧です: 3日の呟き 13 tweets:

« 2日の呟き 4 tweets | トップページ | 4日の呟き 10 tweets »