« 16日の呟き 15 tweets | トップページ | 18日の呟き 7 tweets »

2014/12/17

17日の呟き 6 tweets

  1. 「サブウェイは、女子力マシマシの二郎」説 異論は認める/いつもサブウェイ「野菜多め」で頼んでたんだけど前のお姉さんが「野菜上限まで」とワイルド注文してるのを見て真似してみた結果 pic.twitter.com/0ZHLXXkOVL
    今まで「玉ねぎ抜きで」「オリーブ多め」しか言ってこなかった自分はなんか損してたな。 http://t.co/ZBYxHvCoKX
  2. 千代田線「お客様がコーヒーをこぼしたため電車が止まっております」→車内が笑いにつつまれる
    隠語というのは、意味の分かる人にだけ分かるように伝えるのが目的なわけだが、もしそうであるなら車内放送で伝えなければならない相手が車内に居たということだよね? http://t.co/upwZFr1OOk
  3. 風が強い。波が高い。 #海 #海photo
    風が強い。波が高い。 #海 #海photohttp://p.twipple.jp/kl0JG
  1. 川栄、髪茶色くなった。 #FujiTV
  2. 八百長証拠書類あった! 地元有力紙が報道 日本サッカー協会は静観の構え/日本協会の緊急会見には大勢の報道陣が集まったが、対応したのは広報部長で幹部は姿を見せなかった(撮影・塩浦孝明)◆ サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)が八百長疑惑でスペインの検察当局に告発された問題で、同国の有力紙が15日(日本時間16日)、アギーレ監督は八百長に同意していたと報じた。日本サッカー協会は16日、大仁邦弥会長(70)らが対応を協議したが、さらに疑惑が深まる中でも静観の構えで、進退についても議論しないまま。及び腰が、日本サッカー界全体のイメージダウンにつながる可能性もある。(サンケイスポーツ)◆ 疑惑の指揮官をさらに追いつめる続報が、スペインから届いた。最大手の一般紙「パイス」(電子版)は、サラゴサの当時会長のイグレシアス氏が、アギーレ監督や選手に試合が八百長であることを伝え、同意を得ていたことを示す書類があると報道。また、サンケイスポーツが入手した検察当局の告発状には、アギーレ監督に流れた疑いのある金額などが明記されていた。◆ 日本サッカー界を揺るがす事態に、日本協会は午後7時から東京・文京区のJFAハウスで緊急会見を開いた。しかし、大仁邦弥会長ら協会幹部は出席せず、西沢和剛コミュニケーション(広報)部長が応対。来年1月のアジア杯(豪州)期間中に出頭要請や、起訴された場合の監督交代に関する質問に対し、「現時点で何かを判断するタイミングではないと考えています」と説明するにとどまった。◆「『こうなったらこうしよう』という議論はされていません」進退問題について検討せず◆日本協会の緊急会見には大勢の報道陣が集まったが、対応したのは広報部長で幹部は姿を見せなかった(撮影・塩浦孝明)◆ 今月29日からの国内合宿は予定通りアギーレ監督が指揮。「捜査を見守ると同時に、より詳細な情報の調査に着手する。新しい事実が出たら、その都度何らかの判断を下す」というものの、現状では静観の構えだ。◆ 午前中には大仁会長、原博実専務理事、理事で法務委員長の三好豊弁護士ら6人が東京都内で緊急会議を開いて対応を協議した。今後はスペイン在住の弁護士やアギーレ監督の顧問弁護士と、裁判所からの出頭要請など監督業務への影響を調査。監督への追加聴取やアジア杯に臨む選手への状況説明、スペインへのスタッフ派遣も検討するという。◆ 「『こうなったらこうしよう』という議論はされていません」。西沢部長は監督の進退問題について検討していないことを明かした。アジア杯で監督が不在となれば、U-21日本代表を兼務する手倉森誠コーチが代行する可能性が高い。ただ、非常事態に対する危機管理の甘さを指摘されてもおかしくない状況だ。◆ 日本協会はブラジルW杯後、アギーレ氏を早々に新監督候補に一本化した。惨敗の総括もない段階での選定に、「身体検査」が甘かったとの批判もある。交渉役となった原専務理事、霜田正浩技術委員長への責任論が浮上するのは必至で、スポンサーに近い関係者は「疑惑をかけられている時点で手を打たないといけなかった」と協会の対応の遅さを指摘した。この状況が続けば日本サッカー全体のイメージ低下は免れない。◆日本協会の緊急会見には大勢の報道陣が集まったが、対応したのは広報部長で幹部は姿を見せなかった(撮影・塩浦孝明)◆ 協会は渦中のアギーレ監督と電話で連絡を取っただけ。サポーターやスポンサーから問い合わせが届いているが、説明責任を果たせていない。18日には定例の日本協会理事会が開かれるが、何らかの結論が出る可能性は薄く、後手後手の印象を拭えない。前代未聞の代表監督の告発という事態に、右往左往しているというのが現実だ。◆★八百長問題の試合・レバンテ-サラゴサ戦VTR◆ 2011年5月21日のスペインリーグ最終節。アギーレ監督が指揮していたサラゴサはこの試合に勝てば1部残留、負ければ2部降格という大一番。一方、すでに残留を決めていたレバンテは先発5人を入れ替えてベスト布陣を組まず、低調なプレーが目立った。2-1でサラゴサが勝利し、1部残留を決めた。◆★06年伊でも勝敗操作発覚◆ 欧州、アジアのプロリーグでは優勝争いやリーグの昇降格をめぐる不正な勝敗操作が過去にも明るみに出ている。さらに近年は正なインターネット賭博が八百長の温床になっており、国際サッカー連盟(FIFA)は国際刑事警察機構(ICPO)などと連携して監視システムの導入などの対策に乗り出している。◆日本協会の緊急会見には大勢の報道陣が集まったが、対応したのは広報部長で幹部は姿を見せなかった(撮影・塩浦孝明)◆ 勝敗操作の例では、2006年に発覚したセリエAの不正問題がある。ユベントスの幹部がイタリア協会に圧力をかけ、審判員の指名を操作していたことなどに端を発し、次々と醜聞が噴出。ユベントスはリーグ優勝を取り消されて2部に降格、ACミラン、ラツィオなども翌シーズンの勝ち点剥奪処分を受けた。◆ 昨年末にはイングランドの下部リーグで賭博組織による八百長関与で、現役選手ら10人以上が逮捕された。◆■ハビエル・アギーレ(Javier Aguirre)◆ 1958年12月1日生まれ、56歳。メキシコ市出身。現役時代はMFとしてオサスナ(スペイン)などでプレー。代表では86年メキシコW杯などに出場し、59試合14得点。引退後はメキシコ、スペインのクラブ監督や母国の代表監督を2度務め、2002年日韓、10年南アフリカW杯でともに16強入りした。昨季はエスパニョール(スペイン)を指揮し、今年8月に日本代表監督に就任。1メートル73。
    大手メディアがこういう推定無罪の原則を無視するようなコメントを記事に引用していいものなのだろうか?RT @Sankei_news 八百長証拠書類あった! 告発されたアギーレ監督に、スペインの有力紙が報… - 産経ニュース http://t.co/gHQpGuHhwE #news
  3. 「最初から子供殺害が目的」 パキスタンの学校襲撃事件/パキスタンの北西部ペシャワルで反政府勢力「パキスタン・タリバーン運動(TTP)」が軍系列の学校を襲い、児童生徒ら141人を殺害した事件で、パキスタン軍のバジワ報道官は16日夜に記者会見し、「犯人たちには最初から人質を取る意思はなく、子供をできるだけ多く殺すことだけが目的だった」との見方を示した。◆タリバーンが学校襲撃、140人以上殺害◆ 報道官によると、実行犯たちは学校敷地内に侵入後、すぐに発砲を始め、発砲や爆発の音を聞いて建物内から逃げ出そうとする子供たちをまとめて撃ったという。実行犯は7人で全員が自爆用のチョッキを着用。大量の武器弾薬に加え、食料を携帯し、報道官は「数日間の戦闘に備えていた」と述べた。◆ 事件を受けて軍トップのラヒル・シャリフ陸軍参謀長は「(TTPを)壊滅させるまで戦う」と宣言。軍当局は、TTPが潜伏するアフガニスタン国境に近い部族地域で16日、10回の空爆を行ったことを明らかにした。TTPは犯行声明で「軍の作戦で多数の子供が犠牲になったことへの報復」と述べていた。(イスラマバード=武石英史郎)
    マララさんがノーベル賞受賞したことへの反発だろうか?RT @asahi 「最初から子供殺害が目的」 パキスタンの学校襲撃事件 http://t.co/Cj8nYZvTvq

|

« 16日の呟き 15 tweets | トップページ | 18日の呟き 7 tweets »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39572/60846280

この記事へのトラックバック一覧です: 17日の呟き 6 tweets:

« 16日の呟き 15 tweets | トップページ | 18日の呟き 7 tweets »