« 10日の呟き 21 tweets | トップページ | 12日の呟き 12 tweets »

2014/09/11

11日の呟き 14 tweets

  1. 朝日新聞社の木村伊量社長は、11日夜、記者会見し、東京電力福島第一原子力発電所の元所長のいわゆる「吉田調書」を巡る記事について、「間違った記事だ」として取り消したうえで、みずからの進退について、「経営トップとしての責任も逃れられない」として「抜本改革の道筋をつけたうえで速やかに決断したい」と述べました。朝日新聞社の木村伊量社長と編集担当の杉浦信之取締役らは、11日夜7時半から記者会見しました。朝日新聞社は、ことし5月20日の朝刊で、福島第一原発の吉田昌郎元所長が政府の事故調査・検証委員会の聴き取りに答えた証言記録、いわゆる「吉田調書」を入手したとして掲載した記事の中で、福島第一原発の2号機が危機的な状況に陥っていた3月15日の朝、「第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発へ撤退していた」と報じていました。これについて、木村社長は、記者会見の中で「『吉田調書』の評価を誤り、多くの所員がその場から逃げ出したような印象を与える間違った記事だと判断した」などと述べ、「取材が不十分で所長の発言への評価が誤っていたことが判明した」として、記事を取り消しました。また木村社長は、「読者および東京電力の皆様に深くおわび申し上げます」と謝罪したうえで、みずからの進退について「経営トップとしての私の責任も逃れられない」として「抜本改革のおおよその道筋をつけたうえで、速やかに決断したい」と述べました。杉浦取締役については、編集担当取締役の職を解くとしています。さらに木村社長は、いわゆる「従軍慰安婦」の問題を巡る自社の報道のうち、「慰安婦を強制連行した」とする男性の証言に基づく記事を先月、取り消したことについて、「誤った記事を掲載したこと、そして、その訂正が遅きに失したことについて、読者の皆様におわび申しあげます」と謝罪しました。そのうえで、過去の記事の作成や訂正に至る経緯、それに日韓関係をはじめ国際社会に与えた影響などについて、第三者委員会を設置して検証することを明らかにしました。また、この問題を巡って、ジャーナリストの池上彰氏が、朝日新聞に連載しているコラムで検証が不十分だと批判する内容を執筆したところ、朝日新聞側が当初、掲載できないと伝えたことについて、木村社長は「途中のやり取りが流れ、言論の自由の封殺であるという思いもよらぬ批判をいただいた。結果的に読者の皆様の信頼を損なう結果になったことについては社長として責任を痛感している」と述べました。記事取り消し朝日新聞の説明朝日新聞社はことし5月20日の朝刊で「吉田調書」を入手したとして掲載した記事の中で、福島第一原発の2号機が危機的な状況に陥っていた3月15日の朝、「第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発へ撤退していた」と報じました。これについて11日夜の記者会見で朝日新聞社は「所員への直接取材を徹底しなかったため、所員に指示がうまく伝わらないまま第二原発への退避が行われたということが把握できなかった結果、所員が逃げたという誤った印象を与えた。また吉田元所長が証言記録の中で『よく考えれば2F・福島第二に行った方がはるかに正しいと思った』と評価していた部分などを欠落させていた」と発表しました。そのうえで、所員らへの取材が不十分で所長の発言への評価が誤っていたことが判明したとして、記事を取り消すことを明らかにしました。今回の経緯について、朝日新聞社は「報道後、『誤報』などの批判が寄せられ、8月に入って新聞メディアが吉田調書を入手したと報じ始め、朝日新聞の記事の印象と異なる内容だった。このため編集幹部の指示で点検を始めた結果、語句の修正ではなく、取り消すという判断をした」としています。池上氏「遅きに失したが謝罪は評価」トルコのイスタンブールで日本とトルコのメディア関係者の会議に出席しているジャーナリストの池上彰氏は、朝日新聞社の木村社長がいわゆる「従軍慰安婦」の問題を巡る自社の報道について会見で謝罪したことについて、「新聞紙面できちんとやるべきことをやっていなかったから、社長の記者会見に至ったんだと思う。批判を受けて社長が記者会見をしたことは、遅きに失したことではあるが、みんなに謝罪したというのは評価していいのではと思う」と述べました。そのうえで、「私は、朝日新聞の慰安婦報道の検証について謝罪すべきとコラムに書いた。今回、それについても謝罪されたようなので、それが事実であれば私の主張を受け止めてくださったのかなと思う。慰安婦報道の検証自体が遅きに失し、また、謝罪をすることにおいても遅きに失した。極めて残念だが、少なくとも誤りを認めて謝罪をするということは、本来あるべき姿だと思う。ぜひ今後もこの精神を忘れず、ジャーナリズムのあるべき姿を追求していただければと思う」と述べました。一方、朝日新聞でのコラムの連載を続けるかどうかについては、帰国後に改めて会見や謝罪の内容を細かく検討したうえで考えたいとして明言しませんでした。
    「取材が不十分」とか嘘だろ。新聞記事は印象操作をするためのものと意図を持ってしたんだろ?RT @nhk_news 朝日新聞 「吉田調書」記事取り消し http://t.co/bkCn6vEcn0 #nhk_news
  2. 東日本大震災から3年半となる11日、宮城県石巻市の看護師、高橋和美さん(44)は、津波に流され行方不明だった父、阿部武松さん(当時76歳)の遺骨を、隣町の東松島市にある墓に納めた。震災から約3カ月後に遺体は見つかり、身元不明のまま荼毘(だび)に付されていた。県警により「グランディB421」として安置されていた遺骨が、DNA鑑定で武松さんと判明して家族の元に戻ったのは今月初め。「普通のことが普通にできて良かった」。震災から1280日たっての納骨だった。 墓の前に午前10時、親族8人が集った。読経が始まると、普段は快活な高橋さんの子どもたちが泣き始めた。「戻ってきたから、泣かなくていいんだよ」。高橋さんは子どもたちを抱き寄せた。 「おはよう」。あの日の朝、高橋さんが隣に住む武松さんに長女怜奈ちゃん(10)と長男直叶(なおと)君(8)を預けた際に交わした日課のあいさつが、武松さんとの最後の会話となった。 残ったのは家の門柱の表札だけだった。遺体安置所を回ったが、武松さんは見つからなかった。「見つけてあげられなくてごめんね」。昨夏、実家の土を共に流されいまだに行方不明の母あさ子さん(当時72歳)の服と一緒に墓に納め、気持ちの区切りを付けた。 今年5月、県警の身元不明・行方不明者捜査班から「歯型の鑑定などからほぼ身元が判明した」と連絡を受けた。2011年6月30日、約20キロ離れた同県七ケ浜町沖で見つかり、安置された県総合運動公園「グランディ・21」から名が付された遺体「グランディB421」だった。その後、武松さんの妹のDNA型との鑑定で武松さんと確認された。 鑑定後、発見時の遺体の写真を見た。顔立ちが分かる状態ではなかったが、後ろ姿の写真に目が留まった。「お父さんだ」。漁師だった父の、毎日見ていた少し曲がった背中だった。 震災1年後に県内で338体あった身元不明の遺体は、20体に減った。県警捜査1課の金野(こんの)芳弘検視官(60)は「身の回りの物が流され資料が乏しい中での身元確認は難しいが、何とか家族に返したい」と話す。岩手県では身元不明遺体は67体、福島県はない。 高橋さんは「3年半はとても長かったけど、困難な作業を考えると短いのかもしれないし、感謝の言葉しかない。何年かかっても、行方の分からない最後の一人まで家に帰ってほしい」と望む。
    阿武松って相撲取りみたいな苗字だな、と思ったけど、どうやら違うようだな。RT @mainichiRT 東日本大震災から3年半となる11日、宮城県石巻市の看護師、高橋和美さん(44)は、津波に流され行方不明だった父、阿部武松さんの遺… http://t.co/Sc781VR5hM
  3. 11日夕方、埼玉県加須市が市民を対象に行っている防犯や災害情報のメール配信サービスで、「この地域にゲリラ攻撃の可能性があります」などと誤った情報を配信していたことが分かり、市はおよそ1時間後に訂正のメールを送って謝罪しました。加須市によりますと、市は11日午後4時すぎ、市民を対象に行っている防犯や災害情報などのメール配信サービスで「この地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください」などという情報を、登録している4250人に誤って配信したということです。配信されたコメントは、国が自治体に情報を伝える「J-ALERT」の文面で、委託された業者がシステムを改修中に誤って送信してしまったということです。加須市は、サービスに登録している職員からの連絡で誤送信に気づき、およそ1時間後に訂正メールを送って謝罪しました。加須市の危機管理防災課は、「ご利用の皆様方に多大なるご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした」とコメントしています。
    まぁ笑ってしまうが、実際メールが来たら恐れるのが正しい反応、というか恐れる別で、「そんなバカな」と笑うのが津波に飲まれる人たちよね。 http://t.co/CIUmT3nUsd #nhk_news
  4. そもそも予測された時点でゲリラ攻撃が成立しないのでは?RT @nhk_news 埼玉・加須市が「ゲリラ攻撃」と誤配信 http://t.co/CIUmT3nUsd #nhk_news
  5. なんか豊原功補のキャラがこないだの『おそろし』とだいぶかぶってる気がすんだけど。 #nhk
  6. 蕾と見間違えた。RT @Mihoko_Nojiri おわ,雷きたやばそうなの
  7. あなたの態度が「ハラスメントと感じた」と訴えられたら即加害者に。そんな時代になってしまうのでしょうか。
    .@marumushi2 さんのコメント「過ちに寛容な社会ねえ。でも、政治家や公人が失言したりセクハラしたら、辞職するまで追い込むんでしょ?結局、自分の身に降りかかりそうな事..」にいいね!しました。 http://t.co/9fnqVlMnhr
  8. 今年なにかと話題の多い「虫」にまつわるニュース。Pouch(ポーチ)でもグソクムシや虫食、そして最近悩みの種のデング熱を媒介する蚊など、あらゆる虫にスポットを当ててきました。さて、ここで新たな「虫」情報が入ってきました。なんでも、超リアル過ぎる「幼虫グミ」が大ブレイクしているというのです! 正直申しますとそのビジュアル、かな〜り気持ちが悪い!! コワイもの見たさ(いや、食べたさ?)で買っちゃうんでしょうか。■見た目がリアル過ぎて、お皿よりも自然が似合う青森・八戸館鼻(たてはな)漁港の日曜朝市でコーヒー販売をしている「赤いテントのコーヒー店」が、超リアルな「幼虫グミ」を販売したところ人気爆発に。質感・見た目・大きさを忠実に再現したという「幼虫グミ」はまるで本物と見分けがつかないほど!(うわああ…)!! なんでも歯科技工士の協力を得て制作したそうで、その徹底ぶりに驚かされます。お皿に乗せるよりも、自然のなかに置いた方が似合うよ!■内蔵まで演出した徹底ぶりいくつか種類があるなかで最も人気なのは、「カブト虫ようちゅうグミ 内臓君」。なぜ「内蔵君」なのかと言うと、幼虫の内蔵部分がうっすら透けている様子を再現した、渾身の一品というわけ。 この一撃(内蔵演出)により、もう「グミ」ではなく、本物のカブトムシの幼虫にしか見えません。土に埋めて育てたくなってきました!■いったいどんな味がするのか…「カブト虫ようちゅうグミ 内臓君」の気になるお味ですが、白い部分はカルピス味、内蔵部分はブルーベリージャム味なんだそう。またかじった断面はちょっと(いや、かなり)グロいので要注意。内蔵(※ブルーベリージャム)がはみ出た幼虫グミは、完全にグミであることを忘れさせるほどの威力を持っているよ。怖がりの方は一口で潔く食べましょう。いや、実際に口に運ぶのもはばかられそうですが!■ハロウィンで使えるかもしれないもうすぐハロウィンの季節。お化けの仮装をした方たちに「トリック オア トリート(※お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言われたら、「幼虫グミ」を渡しましょう。お化けたちが悲鳴をあげて逃げまどう様子に盛り上がること間違いなしです。現在「幼虫グミ」は人気殺到のため、ネット注文の場合は約2週間から3週間ほどかかるみたい。気になった方はお店のサイトをチェックしてみてくださいませ。
    幼虫より幼女グミがいいな。RT @twinavi 【話題】なぜか人気: 徹底的にリアルを追求した「幼虫グミ」が生産が追いつかないほど大人気に!  http://t.co/1EMfHNmJJc
  9. 今日はお湯を熱すぎないようにしてスピードも意識して淹れたんだけど、やっぱりちょっと渋い。挽き加減が細か過ぎるのだろうか?V60ドリッパー難しいな。 #アイスコーヒーメーカー #ハリオ
    今日はお湯を熱すぎないようにしてスピードも意識して淹れたんだけど、やっぱりちょっと渋い。挽き加減が細か過ぎるのだろうか?V60ドリッパー難しいな。 #アイスコーヒーメーカー #ハリオ http://t.co/wiWGLCYbKR
  10. 昨日の夕刊だけど、旬が10日毎の区切りとまで書いて、その語源(10個の太陽が順番に昇る)まで触れないのは些か不満。 #読売
    昨日の夕刊だけど、旬が10日毎の区切りとまで書いて、その語源(10個の太陽が順番に昇る)まで触れないのは些か不満。 #読売 http://t.co/YxOzDv5LAF
  1. 嵩上げをすると深く根を張る?どういうことだ? #FujiTV
  2. 静岡県は9日、御殿場保健所管内(御殿場市、小山町)に住む70歳代の男性が、ユリ科の有毒植物「イヌサフラン」を食べて食中毒症状を訴えた末に死亡したと発表した。 葉の形がよく似た山菜のギョウジャニンニクと間違え、他の野菜と一緒に煮物にして食べたとされる。県内でイヌサフランによる食中毒は初めて。 県衛生課と御殿場署によると、男性は5日午前1時頃、胃痛や吐き気を訴えて入院し、9日に多臓器不全などで死亡した。原因は、4日の夕飯で食べたイヌサフランのつぼみが入った煮物による食中毒と特定された。家族も同じ煮物を食べたが、途中で苦みを感じてやめたという。 イヌサフランは、男性が自宅の畑で栽培したものだった。ギョウジャニンニクだと思って育てていたとみられるが、入手の経緯は分かっていない。 同課によると、イヌサフランは葉や花、球根など全体に有毒成分の「コルヒチン」を含んでいる。摂取すると吐き気や下痢を起こし、呼吸困難に陥ることもある。 イヌサフランによる食中毒は、北海道などで複数の前例があり、死者も出ている。同課は「有毒植物は山菜に交じって生えていることがある。山菜採りをする時は、1本1本確認して欲しい」と呼びかけている。
    イヌサフランって名前が既に食べられそうだ。RT @yomiDr イヌサフラン食べ死亡…静岡 http://t.co/zVO9JLqnXY
  3. 9月中に新党を結成する予定の日本維新の会と、結いの党。もめにもめていた新しい党名はようやく決まったが、一時、決裂寸前の状態になるなど、合流前から、双方の大きな「溝」が浮き彫りになった。9月中に合流する予定の日本維新の会と、結いの党。しかし、党名をめぐって、破談寸前のバトルに発展していた。日本維新の会の橋下 徹代表は9日、「本当、しょうもなさすぎる」と話していた。結いの党の江田憲司代表は9日、「ちょっと理解に苦しむ」と話していた。7日、新党名について、「維新」の2文字を残すことで合意していた。そこで、維新の会は、「日本維新の党」、「維新の会」の2つの党名を提案。しかし、結いの党の江田代表は、「新鮮なイメージが必要だ」と、これを拒否した。江田氏の反発に、日本維新の会の橋下代表も、猛反発した。橋下代表は9日、「結いの党といっても、ずっと支持率0%なわけじゃないですか。維新の会は、まがりなりにも1%。1%がいいとは言いませんけども。1%とか2%とか、今回の産経新聞(の世論調査)では、6%くらい。どの名前で、今はやった方がいいのかというのは、結いの党のメンバーにも考えてもらわないと」と話していた。そして、党名に関して、橋下代表は「『あ党』でも『い党』でも『う党』でも、何でもいいですよ。そんなことやっていて、安倍政権に勝てるわけないですよ」と話していた。日本維新の会の幹部は「まさか、党名でこんなにもめるとは思わなかったよ」と話した。結いの党の幹部は「『愛の党』だ。橋下さんがきのう、『あ党』でも『い党』でも『う党』でもいいって言ったから、そのうち2文字を入れて」と話した。そして、10日、投票によって決定した名前は、「維新の党」だった。反発していた江田氏は「まさに、これは産みの苦しみです。産む時の苦しさを知れば知るほど、生まれてきた赤ん坊の大切さがわかるということもございますので」と述べた。しかし、日本維新の会の幹部は「これで党内は、江田さんへの抵抗感が強まっただろうな」と話した。
    江田は何がしたいんだ?RT @FNN_News 新党名は「維新の党」 合流前から双方の大きな溝が浮き彫りに http://t.co/tsjqGzGIlz #FNN
  4. そういえば夕方水溜まりに殺虫剤を撒いたのだが、その後すぐ雨が降った(´・ω・`) #nhk

|

« 10日の呟き 21 tweets | トップページ | 12日の呟き 12 tweets »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39572/60396627

この記事へのトラックバック一覧です: 11日の呟き 14 tweets:

« 10日の呟き 21 tweets | トップページ | 12日の呟き 12 tweets »