« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

February 2010

2010年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

続きを読む "February 2010"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーリングが2位な件。

「カーリングが2位!?」

と言っても、勿論オリンピックのクリスタル・ジャパンの事ではない。

いま、何の気無しに自分のブログを開いて、「フ」と検索フレーズランキングを見たら、カーリングが2位に。

「なんで?」

確かに、カーリングの記事は書いた。しかし、ぼくはその記事の中でも書いたけど、カーリングの試合自体、見るのが初めて。ルールも、競技の進め方も殆どわからないまま、ただ単純にテレビを見て、「カーリングって面白い!」と思い、それを記事に書いただけだ。

続きを読む "カーリングが2位な件。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOT 100 AWARD に選ばれなかった件

ホントは、1月中にエントリしようと思ってたんですが、パソコンが壊れたりとかあって、結局今日になってしまった。

J-WAVEで毎週日曜日、午後1時から放送している、TOKIO HOT 100
以前は、サッポロビールがスポンサーだったんだけど、去年の4月から、マクドナルドに冠スポンサーが交代して、番組タイトルもMacDonald's TOKIO HOT 100になった、あの番組。

今日は、そのTOKIO HOT 100が年に1回行っている、TOKIO HOT 100 AWARDの放送日だ。

このHOT 100 AWARDポスターデザインは、毎回年末に公募を行って選ばれている。

続きを読む "HOT 100 AWARD に選ばれなかった件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google IMEの単語登録が今一な件。

GoogleのIMEに関しては、勿論長所短所があるのだが、使いながら気づいたことを、何れ纏めて一つの記事としてエントリしようと思っていた。

しかし、何だかそれも面倒だし、何れ纏めようと思っている内に、過去のことは忘れて行ってしまったりもするので、気付いた事をちょこちょこ書いて置いた方が良いかな?と思って、エントリ。

というか、Google IME、最近は使ってなかった。
というのも、そもそも使い始めたきっかけは、1月18日の記事にも書いたが、普段使ってたWindows 7のマシンが壊れてしまい、緊急避難的に、昔使ってたxpのマシンを引っ張り出して使ったからだ。
旧いMS-IME 2002より、「最新のGoogle IMEの方が使いやすいかな?」と。

続きを読む "Google IMEの単語登録が今一な件。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/27

Picasa 3.6 now な件。

02_27_picasa_read_me_2今、ブログにアップした写真がちょっと宜しくなかったので修正しようとPICASAを立ち上げたら、何故かInternet Explorerのウィンドウが開いて、The Picasa 3 ReadMe. というページが。

「あれ?OSインストールしてから、ピカサ立ち上げるの初めてだったっけ?」

とか思ったのだが、どうやらそうではないらしい。というか、そんな筈はなかった。

開かれたページの内容を見ると、どうやらこれはブログらしい。Picasa 3.6 now in 38 languagesという記事がトップにあって、

続きを読む "Picasa 3.6 now な件。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MZK-MF150が無くなってる件

まさかの3日連続。

まぁ、忙しい時はそんなもんだ。
二重橋駅と東京駅を繋ぐ御幸通り下地下通路の件。
何でまさかかと言うと、終電間際の時は乗り継ぎを変えているからだ。
普段、時間に余裕の有る時は、新宿駅から中央線快速で 東京駅に行く。
しかし、終電まであまり時間が無い時には、千代田線で二重橋駅まで行っ
て、そこから東京駅まで歩いているのだ。
何故このルートを取っているかと云うと、乗り継ぎが一回減って、その代わり途中自分で歩く距離が少しあるからだ。

続きを読む "MZK-MF150が無くなってる件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/26

MZK-MF150Wにそっくりな件。

ほんとは昨日書こうと思っていたのだけど、写真を撮ったつもりが何故か撮れていず、

「写真が無いなら、今度で良いか」

iPhoneのバッテリーが僅少だったという理由もあるが。
しかし、次にここを通る時もまだこの状態である事は余り期待出来ないな。と思っていたのだが、豈図らんや、今日もまた通る事になったので、

「今度こそ」

と写真を撮ったのでエントリ。
前置きが長くなったが、何の事かと言うと、

続きを読む "MZK-MF150Wにそっくりな件。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/25

iCharge ecoに電車でチャージを試みた件

iCharge eco、貰い物な訳ですが、

「貰ったからには活用したい」

なんつっても、太陽の光で充電出来るって、ちょっとエコ(気分)。
という訳で、初めは自分の部屋の窓際に置いたんだけど、そしたらそのまま窓の所に置きっ放し。

「全然活用出来てないじゃん」

携帯用のバッテリーなんだから、

続きを読む "iCharge ecoに電車でチャージを試みた件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/20

カーリングの試合がめちゃめちゃ面白い件。

起きたら偶々カーリングの試合を生中継していて、ついつい見てしまったのだけど、

「めちゃめちゃ面白いね」

中継していたのは、女子の日本対英国。
初めて、カーリングの試合を、ちゃんと見た。

「めちゃめちゃ面白いね」

解説の人も、「日本カーリング史に残るような」とか言ってたから、偶々見た試合がアタリだったというのも有るのかも知れないけど、

続きを読む "カーリングの試合がめちゃめちゃ面白い件。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/14

今日の菜の花

今日の菜の花today's flower
人がいっぱい居てビックリした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

Amazon Prime を解約した件

昨日エントリした記事の中でも書いたとおり、記事を書く時には、出来るだけ正確を期す為に、ネットで調べて確認する、という作業をしばしばする訳だが、さっきのGoogle Buzz が微妙なサービスな件を書くときも、

「このサービスって、いつから?今日から?」

と思って、ネット検索。
と、

グーグル、Gmail でソーシャルネットワーク機能「Google バズ」を開始 インターネットコム

グーグルは2010年2月10日、同社の提供するメールサービス「Gmail」に新機能「Google バズ」を追加したことを発表した。

続きを読む "Amazon Prime を解約した件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンクーバーオリンピック開会式を見た。

バンクーバーオリンピックの開会式を見た。

別に見ようと思ってたわけじゃないんだけど、起きて居間に行ったらやってたので見た。
画面の雰囲気からして、結構中盤に差し掛かってるのかと思ったのだけど、どうやら新聞のテレビ欄見たら、どうやら始まって早々だったみたい。

それにしても、

「すげぇな」

めちゃめちゃ凝った演出。

床から四本のトーテムが立ち上がったのも凄かったが、何と言っても一番インパクトがあったのは、氷が割れて海が現れるシーン。

続きを読む "バンクーバーオリンピック開会式を見た。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/12

Google Buzzの記事にかなり時間を費やした件

さっきエントリした、Google Buzz が微妙なサービスな件のエントリ、実は、書くのにほぼ今日一日費やしてしまった。
やんなきゃいけないこともあったのに。
こういう、新サービスやニュープロダクトの記事は、やっぱり始まって直ぐという、「熱いうち」にエントリするのがベストだ。ブロガーとしては。
早く、話題性の高いうち、或いは話題になる前に記事を書けば、それだけアクセスも多くなる(たぶん)。
と思って、夜中にエントリしたiPadの記事は、全然アクセスが無かったわけですが。

というわけで、「これは、すぐに記事を書かねば」と思って書き始めたのだけど、そもそもGoogle Buzzというサービスがどういった使われ方を期待したもの、あるいは逆に自分がどう使えばいいのか、も分らないし、その前にtwitterやtumblerも使っていないのでよくわからない。

続きを読む "Google Buzzの記事にかなり時間を費やした件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Buzz が微妙なサービスな件

今、ちょっとメールをする用件が出来て、

「Outlook立ち上げるのも億劫だな」

02_12buzz1とInternet Exploreで、Gmailを開く。

と、しようとしたところ、変な画面が。

New! Gmail の Google バズ

あなたのつぶやき、写真、動画などを共有できます。
ホットな情報をリアルタイムにお楽しみください。

続きを読む "Google Buzz が微妙なサービスな件"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/02/10

威風が混んでる件

威風が混んでる件
秋葉原で晩飯。
昼は、また新美術館でカレーを食べてしまったので、

「威風でラーメン食うか」

店に入ると、結構混んでいる。

「座れる?」

まだ席はあるみたいだが、食券の販売機に、既に4人並んでいる。
ってゆーか、先頭の人が何やら戸惑ってるみたい。

「何やってんだ?」

と思ったら、どうやら目的は果たせたらしく、空いてる席に2人移
動。
残りの2人は、スムーズに食券を買ってぼくの番が来た。

「塩ラーメン」

と決めていたのだけど、券売機を見ると、煮干しラーメンというのが目に
止まった。

「気になる」

さっき迄塩ラーメンを食べようと思っていたのだけど、
今煮干しラーメンを食べないと、次に機会が訪れるのはいつになるか分か
らない。
食べた事のない物は食べてみる主義。

という訳で、煮干しラーメンを選択。

席の方は、というと、まだ二席か三席くらい空いてるみたい。
しかし、ぼくが席に着いてラーメンが出て来るのを待ってる間にも
5〜6人くらい来て、席の空くのを待つ人が後ろに立ってる状態に。

「何でこんなに混んでるんだ?」

4〜5年くらい前には、週1以上の割合で通っていたのだけ
ど、こんなに混んでた事は無かった様に思う。
勿論美味しいと思って通っていた訳だが、この立地でこんなに空いている
というのは、寧ろ「ぼくの味覚がおかしいのか?」くらいに思っていた。
それが、今日のこの混み様。

「何かあったのか?」

と思ってしまう。

「味が変わった?」

「テレビか何かで取り上げられた?」

「単にマーケットが大きくなった?」

しかし、マーケットと言うなら、秋葉原駅周辺の飲食店は、5年前
に比べると数倍に増えていると思う。
そんな中、潰れずにやってるだけでも大したもんだと思うのだが、寧ろ客
が増えているとは、どうした理由だろう?

なんて思ってる間に、煮干しラーメンが来た。

スープの上に魚粉が乗っている。

「煮干しってより、魚粉ラーメン?」

スープをレンゲで掬って口に運んでみる。
やっぱり、カツオだかサバだかの味が前面に出ていて、煮干の味は、隠れ
てしまっている感じだ。

「雑煮みたい?」

ぼくの味覚データベースにある中では、そんな印象だ。
てゆーか、魚のダシを前面に出してて尚且つ濃い目の味付けの料理って、
雑煮くらいしか食べた事無い気がする。
煮干しラーメンだったら、もっと淡い、お吸い物みたいな透明感のある
スープというのもありなんじゃないかと思うが、どうだろう?

なんて考えながら食べてる間に、だいぶ店の中が空いて来た。
単にタイミングの問題だったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/05

チロルチョコ北海道チーズがそっくりな件

コンビニで、「チョコでも買うか」と思ったら、チロルチョコの新商品を
発見。
チロルチョコ北海道何たら。
早速買い、そして食べようと、口許に近づけた瞬間、

「うわ、」

すごいチーズの匂い。
齧ってみると、中にはビスケット(クラッカー?)が。
塩気が利いてて、そしてサクサクの食感で中々美味しい。
けど、

「これって、何かに似ている」

続きを読む "チロルチョコ北海道チーズがそっくりな件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

aromax premium gold は割と普通

aromax premium gold は割と普通
変な味とかは無く、普通。
不味くはない。
と言って、特に買って飲みたいという味でもない。

まぁ、缶コーヒーなんて大概そんなもんだけど。
敢えて選びはしないけど、消去法で買う事もあるって感じだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/04

AsciiからiCharge eco miniが届いた件

0204_ascii_gift

アスキー・メディアワークスから今日、荷物が届いた。
伝票を見ると、精密機器とある。

「あ、あれか」

実はぼくは、週アスコミュニティに参加している。
そこの、Web0.2別室のお題に答えて、たまに週刊アスキーに掲載された入りしているのだが、それが期間中トップ10には入れなかったものの、次点あたりになったらしく、賞品を贈ると先日連絡があったのだ。
で、若干「怪しい」と思いつつ、どうも成りすましでは無い様だと思って、送付先を連絡していた。

その賞品が、今日届いたというわけだ。

続きを読む "AsciiからiCharge eco miniが届いた件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pepsi NEX がハイブリッドボトルになる件

今、メールを見たら、PEPSIメールニュース【2月2日号】というのが来てた。

ペプシネックスは、新容器ハイブリッドボトル(500mlペット)を採用し、
より炭酸の刺激的なおいしさを追求し、3月2日(火)から全国で
リニューアル発売されます。

「何だ?ハイブリッドボトルって?」

その後を読むと、

日頃のご愛顧に感謝いたしまして、
ペプシメールニュース読者様限定で、
この新ペプシネックス500mlペットボトル6本セットを
抽選で100名様にプレゼントいたします。

続きを読む "Pepsi NEX がハイブリッドボトルになる件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/03

恵方巻きの風習が捏造だとは言い切れない件

今日は節分だそうな。

近頃、節分となると、恵方巻き、恵方巻きと囂しい。
一方、「恵方巻きなんて、聞いたことねぇぞ」「コンビニの陰謀だ」「でっちあげだ」なんて声も聞く。

ぼくも、「恵方巻きって、捏造じゃね?」と思って、ネット検索。

初めは、素直に恵方巻き 捏造でGoogle検索。
すると、やっぱりそういう論調のページが出てきた。

その中で興味を持ったのは、

続きを読む "恵方巻きの風習が捏造だとは言い切れない件"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/02/02

宮城谷昌光の連載第2回を読んだ件。

馬車にもどろうとする兄を呼びとめた劉秀は、「ほんとうにわたしが行ってよいのですか」 と、念のために問うた。 兄の劉縯は一笑した。「なにゆえなんじが行ってはならぬのかな」「仲兄は家に残っています。ゆくのであれば、おふたりがゆくべきで、わたしが残るべきでしょう」 劉秀にはふたりの兄がいる。 長兄はここにいる劉縯であるが、次兄は劉仲という。蔡陽からおよそ百二十里北にある新野にゆくと語げた劉縯は、劉仲にむかって、「秀をつれてゆく」 とだけいった。なんじは家に残れ、ということである。劉仲はおとなしい人で、長兄のいいつけにさからったことはない。このときも不満顔をみせるどころか、弟の劉秀のほうをむいて、「新野の陰氏は評判のよい豪族だ。会っておいて損はない」 と、いった。 新野へゆくというのは、新野の豪族の陰氏の家へゆくということである。 陰氏の主を陰陸(あるいは陰睦)といったが、三年前の始建国三年(紀元後十一年)に亡くなった。嗣子を、「陰識」と、いい、三年喪中にあったが、今春、忌み明けを迎えた。のちに三回忌と呼ばれることになる祭りは、大祥といい、それをおこなうに際して、「親族だけでなく、亡父の友人と知人もお招きしたい」 という陰識および陰陸の妻の鄧氏の意向によって劉縯も招かれたのである。が、招かれたのは劉縯ひとり、あるいは劉縯と劉仲であったのに、諸事に強引さがある劉縯がそれを枉げて、末弟の劉秀を引率したのではないか。 劉秀がそう疑ったことには、わけがある。 読売新聞朝刊に、宮城谷昌光の小説「草原の風」の連載が始まった件は、昨日書いた
今日は、その第2回を読んだ。
第2回では、主人公、劉秀の、家族、兄弟の関係性、そしてちょっと離れた土地に居る、親しく付き合いをしている富家の存在、そして今はその家に向かう旅の途上であることが語られた。

「なんだか香乱記みたいだな」

香乱記の主人公、田横も、田氏の三兄弟の一番下。
あ、読んでない人の為に一応補足すると、田横の兄は、田栄ひとりだけ。田儋(たん)は本当は従兄なのだが、兄弟同然の付き合いをしていて、この三人は周囲から、“田氏の三兄弟”と呼ばれているのだ。

続きを読む "宮城谷昌光の連載第2回を読んだ件。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/01

宮城谷昌光の新連載が始まった件

読売新聞は最近、一面の左上に注目記事のヘッドライナーが載っているのだが、
今日の朝刊には、宮城谷昌光さん新連載という見出しが。
早速、10面を開いてみる。

てっきり、新連載の紹介記事が載っているのかと思ったのだが、そうではなくて、連載の第一回目だった。

で、読んでみる。

 春風がやさしく草をなでるように吹いている。 が、ゆくてにみえる草も、足もとにある草も、冬の色から脱しかねているような精彩のない色で、風にさからう気力をもたぬ佇まいで揺れている。 劉秀の鬚もときどき風にふれてふるえた。 この美しい鬚を持った青年は、成人になったばかりであり、まもなく帝都にのぼって留学する予定である。あざなを、「文叔」 と、いう。成人になると人はふたつの名をもたねばならない。かれの場合、秀、が本名であるが、この名はおもに家族間で用いられる。しかし、郷里の目上の人にたいして、あるいは学問の師にたいして、本名を告げねばならない。 あえていえば、家族および先祖はひとつの小宇宙であり、世間はべつの宇宙なのである。それゆえ人にとってもっとも重要であるのは、血がつながっている小宇宙であるため、その外にいる皇帝や王侯貴族よりも内にいる父母のほうが尊貴なのである。「さあ、そろそろゆくか」 と、腰をあげて、みなをうながしたのは、劉秀の兄の劉縯である。かれのあざなは、「伯升」 と、いう。 休憩は終わりである。 この兄弟は馬車にもどった。従者はすくなくない。十数人もいる。この兄弟の家は、「蔡陽の劉氏」 と、呼ばれている。豪族であるが、規模をいえば、中以下である。蔡陽という県は荊州の南陽郡にあり、その南部に属する。ちなみに県とは邑のことであり、広域を指さない。郡のほうがはるかに広大である。とにかくその県をでてしばらく西へゆくとふたつの川の合流点がある。淯水と沘水という小さくない川があわさって南流する。その先はまさに大川というべき沔水である。沔水はじつは漢水のことなので、おなじ川がふたつの呼称を持っている。 劉氏の兄弟は、春光にきらめく淯水に沿うように北にむかってきて、一息入れたのである。 いつもの事ながら、自然描写から始まる。
時代設定や場所については、触れられない。

続きを読む "宮城谷昌光の新連載が始まった件"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »