« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/31

July 2006

2006年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/30

監督日誌も終了。

吾郎監督の、監督日誌29日で終了。

まだしばらくはゲドとの付き合いは終わりそうにないですが、
ここでひとまず監督日誌は終わりにさせていただきます。

この2ヶ月、読み続けていただけに、一抹の寂しさがあります。
監督自身書いてるように、まだまだゲドとの付き合いは続くみたいなのですが、
それらの活動に関して、監督自身のレポートを読む事は出来るのだろうか?
是非、期待致したい。

一方、鈴木プロデューサーのブログによると、

興行の予想は、あのパイレーツ2を上回るかも知れない。東宝からそう聞いたとき、心の底から嬉しかった。 

やはり、予告編のインパクトが大きかったのではないか?

吾朗のデビュー作で失敗するわけにはゆかない。親父の手前、宮さんの手前、失敗は許されないと思っていたのだ。

PR活動も、相当力を入れていたのだろう。
ただ、その割りにTVCMはあまり目にしていない気がするが。
肝心の評判の方は、「地味な作品」というところのようだが、
人柄が表れているのだろう、悪いことではないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/29

映画『ゲド戦記』本日公開!

愈々公開になりましたね、『ゲド戦記』。

勿論、ぼくはまだ観に行ってません。
果たして観に行けるのか?
「劇場で観なければ映画と言わない」
が信条のぼくとしては、何としても見に行かなければならない作品ですが。

どうなんですかね?お客さん入ってるんですかね?
鈴木プロデューサーは、

関西の松本さんが言ってましたよね。

新人監督の動員記録を作ろうと。それ、いただき!

なんて、件のブログ書いていますが、果たして(?)

まぁ、予告編のインパクトからすれば、まめに映画館に足を運ぶ人は気にならずには折れない作品だと思いますが。

それにしても、いつ観に行けるだろうか?
取り敢えず、動員を稼いでロングランされることを祈ります。
あ、近所の劇場でね。
都心のレイトショーとかじゃ無理だから、絶対。

| | コメント (2) | トラックバック (41)

2006/07/28

愈々明日。

ゲド戦記、
愈々明日公開。

そもそもの出発点は、前にも書いたように、

『テルーの唄』の歌詞が知りたい

という事だった。

そこから始まって、
ゲド戦記のサイト、そしてその中の監督日誌制作日誌の存在を知り、
宮崎吾郎という人物や、アニメーション制作に興味が沸き、
ハマって、
貪る様に読んでしまった訳。

そして当然、関心は映画、ゲド戦記自体に移って行く。

ここまできたら、見ずば成るまい。
ただ問題は、見に行く時間があるのか?ということ。
ブログの更新すら儘ならないのに。
最近は、1ヶ月のうち30日は働いているような状態だ。

でも、8月は31日あるから、1日ぐらい時間が取れるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/27

ATOKイラネ(゚⊿゚)

6月15日の記事で、ATOK2006の体験版を入れたという記事を書いたので、一応、その結果報告。
結局、試用期間が満了して体験版はアンインストール。
製品版は、買う気無し。

全然使うメリットが分からない。
期待した、予測変換は使いにくいし。
6月16日の記事でも書いたとおり、変換候補の全角と半角が見分けづらい。
全角、半角の違いにこだわる人はあまり居ないのかもしれないけど、
ぼくの仕事は、その違いは非常に重要!
ただこの一事だけでも、ATOKを使わない理由に充分なり得る。

続きを読む "ATOKイラネ(゚⊿゚)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木プロデューサーのブログ

随分更新が空いてしまった。
最近、忙しすぎ。
戦後最大級。
今週はその中でもMAXに仕事量が多かったのだが、先週末から気合入れて仕事したら、
いつもの週より早くあがってしまった。
という訳で、久々ブログ更新。

で、今回のネタですが、
6月30日の記事で、ゲド戦記制作日誌が終了したって事を書いた。
ちょっと寂しいな。と思っていたら、
それと入れ替わる様に6月30日から、読売新聞のyorimoで、鈴木敏夫プロデューサーのブログが始まった。

知ったのは、勿論新聞で。
会員でなくても読めるので、7月中毎日チェック。
内容はと言うと、勿論ゲド戦記のプロモーション活動に関して書かれているわけだけど、
読売新聞のジブリ担当、依田氏と交互に書かれている。
ブログと言うよりも、寧ろ往復書簡といった雰囲気だ。

しかも驚くことに、土日も休み無く更新されている。
新聞社の仕事というのは、それが普通なのだろうか?
まぁ、新聞自体は1年365日、殆んど休み無く発行されている(休刊日も夕刊は出るからね)
のだから、新聞記者の感覚としては当然のことなのかもしれない。
にしても、休日は週2日あるだよねぇ、恐らく。
ブログも仕事の筈ではあるが、この更新作業はどういう扱いになっているのだろうか?

ゲド戦記は、今度の土曜、29日に公開。
yorimo内のブログは、鈴木敏夫の公開直前ブログというタイトルだが、
明日で終わり?
な筈は無いよね?
初日舞台挨拶の後も、きっちり更新されることでしょう。
期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »