« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/31

ハンズ文具チケット

050731_1757001.jpg久々に新宿のハンズにいきました。そしたら、

交換終了だって!?ハンズの文具チケット!!
いつのまに!??

写真がブレブレで判読できませんが、3月の何日だかで終了だったらしいです。
どんだけハンズ行ってなかったんだ?>自分
そういえば、前にハンズでペンか何か買った時は、チケットくんなかったような記憶が。
いつの事だったか忘れましたが、その時点で既にチケットの配布は終了してたのでしょうね。

配布や交換の終了は、いつ頃から告知していたのだろうか?まったく分からん。それにしても、

何百円分かチケット貯まってたのにぃ。え~ん(ToT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/29

黒磯駅

黒磯駅でもSuicaが使える!?しかも、去年の10月から東京近郊区間になってたらしい。050729_1947001.jpg

東京から黒磯まで、Suicaで来ることも可能だって事だよね(!?)
って事は、新幹線の特急券だけ買えばよかったのか!?
新幹線の改札通るときは、どうするんだろう?
私鉄とJRの乗り換え改札みたいにすんのかな?
まぁ、その方法もよく理解してないんだけどね(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

連日更新断絶

7月は、連日更新し続けていたのですが、27日は更新し損ねました。
これで、カレンダーの全部の日付をリンクにする野望は途絶えました。
どの道、30日は1日中ネットの繋がらない山の中なので、更新は無理だなぁ~。と思ってはいたですが。

まぁ今迄も、更新の為の更新みたいな記事も、無かったでもないですよ。正直なところ。
26日とか、25日の記事も結構やっつけだし。
いや、気になってはいたことなんですけどね、どっちも記事も。いや、ホントに。
でも、ホントはもうちょうっとちゃんとまとめてから書きたかったんだけど、その時間が無かったって話。
ホント、ネタだけだったらまだいっぱいストックがあるんですが、問題は書く時間なんだよなぁ。

今迄よくあったよな、時間が。
結構長い記事も少なくないもんね。
ホント、よく毎日更新し続けたよ。自分で自分を誉めてあげたい。

今確認したら、6月の27日にブログの更新を再開してますね。
そっから、連日更新です。ちょうど、30日で断絶しましたね。
うーん、30日坊主にならないように、気を付けなければ。
とは言っても、「毎日更新するぞ!」ってのも、逆にプレッシャーになってはいけない。
思いついたら更新して、連日○○日更新!ってのは、結果として後から付いてくる。ってのが理想ですよね。

よし!8月の目標は、20日更新!で。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/26

Permalinkって、

何の事かなー?って、ずぅ~っと思ってたんだよね、Permalinkって。

試しにクリックしてみて、やっとわかったよ。
まぁ、最初からクリックしてみれば?って話はあるけど、わからないものを敢えてクリックする、必要性も必然性も無いし。試しにしてみるって気も今まで起きなかっんだよね。

その記事一個だけのページに飛ぶリンクだったのね。

わかんないっつーの!Permalinkなんて書かれたってさ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/25

Sunkist.NOTIFYICONDATA.hWnd

sunkist

Sunkist.NOTIFYICONDATA.hWnd : shwicon2k.exeってユータイトルのメッセージがたまに出てくる。
何かがないみたいなことを言ってくるんだけど、何だろ~、気になるぅ~。
ウィルス対策ソフトには引っかからないので、ウィルスではないと思うんだけどねぇ。
アドウェアのような気配もないし。スパイウェア?


(7/26更新)
メッセージをキャプチャした画像を貼りました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/07/24

警告

警告、
出たのね、msnサーチバー。
家のpcにもインストールしてみたんだけど、
途中でインターネットエクスプローラとアウトルックエクスプレスを終了するけどいいですか?見たいなダイアログが出て、OKをクリックするまで待つじゃんね。
つー事は、前回会社のpcにインストールしたときは、自分がちゃんと確認しなかったってことか。
なーんだ。(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!初コメント。

初コメントいただきました。 \(^o^)/
遅れ馳せながら、御礼申し上げます。
あんねりあんさん、ありがとうございます。 _(._.)_

何か、案外嬉しいもんですね。想像していたよりも。
自分が書いた記事を、 人が読み、何かを感じ、考え、さらにコメントをつけるという行動まで起こす。

なんか、考えるとすごいなぁ。
星と星が互いに引力で引き合っているように、人と人もこうして影響し、影響されあっているのだなぁ。なんてことを考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

展示処分品

展示処分品を買った。

無印良品の、デスクトップファン。
\2,900のところ、展示処分品に付き\2,100な~り~。
今んなって冷静に考えると、あんまり安くなってないね。
せめて\1,900くらいにしろよ~。

でも欲しかったんだもん。
いいよね、欲しいものを買うと。(何がだ?>自分)

前々から、ずぅ~っと欲しかったんだよね、実は。
でも、「ちょっと高いかな~」とか、「机の上に置いたら、ちょっと邪魔かなー?」とか、「この場所だと周りが騒々しいから気になんないけど、静かな場所だと案外うるさいんじゃないの?」とか、「家で使ってみたら、案外大して涼しくないんじゃないの?」とか、「逆に常に風が当たるって不快では?」とか、「ここにおいてあるからそう感じないけど、持って帰ってみると案外デカいんじゃ無いの?」とかいろいろな理由をつけて買わずに居りました。
そんだけ理由があったら買うなよ。>自分って感じがしないでもないですが、
でも欲しかったんだもん。

いいよね、欲しいものを買うと。

では、買って帰って使ってみた感想をば。

大きさ
そんなに大きくない、 かな?
まぁ、大きいっちゃ大きいし、それ程でもないと言えば、それ程でもない、見たいな。
まぁ、これも、、、

確かに、音はします。
結構、確実にします。
風量が2段階あるのですが、1なら、まぁ、これくらいかな?って感じ。
2だと、結構、うるさいかな?
もし、パソコンからこのレベルの音がしてたら、ちょっとムカつきますね。
まぁ、ぼくのVAIO VGN-A70Pは時々もっとおっきな音がしますが。
風量
2段階あるうちの、2だと結構、強烈。
1でも案外強い。初めは、顔に向けて風を出してたのですが、風の当たらないところに頭を移動させると、「暑っ!」今日はここ数日の中ではえらく涼しいにもかかわらず。本来、扇風機も送風機も要らないくらいの陽気です。別につける必要はなかったのだけど、折角買ったんだからどんなもんかと試してみただけなのに。風が当たると、「ちょっと寒いくらいだな」と思って外してみたら、暑く感じるなんて。
扇風機の風を体に当てちゃいけないという言葉の意味が、今初めて分かったよ。頭での理解ではなく、体で感じた。
というわけで、自分の体には当たらないようにパソコンのディスプレイの方を向けています。パソコンも冷やさないとね。手を置くところが熱いしね、最近。

まぁ、この夏彼は活躍してくれることでしょう。(男なのか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSN サーチ ツールバー

前回、7月22日の記事は、1回途中まで書いたものを、もう一度書き直してます。
書いている途中で消えてしまったからです。
はじめに書いてたものは、エントリーしたものの3倍くらいの長さがあったのですが、全部書き直すのは流石に面倒に思い、前半部だけに留めておきました。

何故こんな事になったかと言うと、それはMSN サーチ ツールバー with Windows デスクトップ サーチをインストールしたからです。

だって、途中でInternet Explorerを再起動するなんて思わなかったんだも~ん(ToT)

そうならそうと、初めから言ってくれればいいじゃないのよねぇ、msnさん!
おかげで貴重な時間を無駄にし、且つnetの世界における貴重な文章が喪失されたよ!!(ウソ)

何故記事を書きながら、MSN サーチ ツールバー をインストールしたのか?その次第を書きましょう。
そもそも、前の記事にも書きましたが、Windowsの検索は使えないなぁ~と思う今日この頃だったのですよ。ぼくは基本的には、できるだけos標準の機能を使う主義なのです。検索も、様々ツールやらプラグインやら出てますが、Windows標準の検索機能がシンプリーベストと思っていました。Windows98が出た頃は、osのカスタマイズにちょっと凝った事もあるぼくです。しかし、9x系のWindowsは、アプリを入れたり消したりすると、どんどん不安定になって行きます。再起動やブルースクリーンは日常茶飯事。インストールするアプリは、必要最低限というのは、金科玉条でした。それが、Wndowsがnt系に変わり、osが安定すると、どんだけアプリを入れようが、何をしようがブルースクリーンなぞとんと見なくなりました。しかしそれに反比例するように、osのカスタマイズ熱は冷めてしまいました。まぁ、頻繁に新しいpcを購入するようになったことや、時間的余裕がなくなったこと、複数のpcを複数人と共用する環境が多くなったことも理由ではあるのですが。

しかし、やたらファイル検索を掛ける事が多い今日この頃、不満は募るばかり。
不満点は、以下の通り。(今思い付く限りですが)

  1. 検索が遅い。
  2. zipファイルが有ると富に遅い。
  3. 複雑な検索条件が設定できない。
  4. 検索オプションの設定が使いづらい。
  5. 検索条件を記憶してくれない。(プリセットを作れない)
  6. 絞り込み検索が出来ない。

等々あります。

そこで、今巷で話題(らしい)の、サードパーティ製のデスクトップサーチをインストールするか、となったのですよ。
幾つか出てるらしいじゃないですか、デスクトップサーチ。
で、記事を書きつつネットで検索して、記事の中にリンクを貼ったり、ちょこちょこっと紹介やら特徴やら書こうかな?と思ったわけです。

この時点で、インストールするのはmsnのにしようかな?とは決めていたのですが、
(理由は別の機会に書きます。この記事も長くなってきたのでw)
検索して、ダウンロードページまで行ったついでに、

「え~い、インストールしてしまえー!!」

と。うーん、好調好調。インストールしてるよー。
と思って、記事の続きを書こう。と、あれ?記事作成のページは??

「あれ?ないじゃない!? ってか、Internet Explorer自体終了してるよ!!」

つーわけで、書きかけの記事が全部消えてしまったのでした。(結構長かった)
ものすごい喪失感。
ひょっとして、記事編集の画面に行ったら残ってたりしない?とも思ったのですが、そんな訳、ないですよね。

まったく、MSN サーチめ!

今回の教訓。
長い記事を書くときは、バックアップを取ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/22

Windowsの検索って、

zipファイルの中は検索しないって、オプションで設定できないのか、Windows!?
検索対象の中にzipファイルがあると、検索がめっちゃ遅いんですけど。
何とかしてよ、Microsoftさん!

ココはやはり、今流行り(ナのか?)のサードパーティ製のデスクトップサーチをインストールすべきか?
どうなんだ?デスクトップサーチ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/21

一方通行

若干ご無沙汰してましたが、トラックバックについて。
書くネタはいっぱい貯めてるんだけど、書き出すと長くなりそうで、ちょっと避けちゃってたりするんだよね。

え~、今日は、何を書くかと言うとですね、
まー、6月30日の記事以来、トラックバックに関して色々思ったり考えさせられたりした分けですが、他の人もトラックバックに関してブログに書いてたりするのかなー?と思ったので、ココログの中で探してみました。

結論から言うと、やっぱりぼくと同じようなことを感じてる人がいるのだな~。と。
幾つかやはり記事を見つけたのですが、あんねりあん(ぶろぐ編)というところの、7月3日の記事がいちばん的確に短く現状を指摘しているのかな?と思いました。

なんとなく、つまんにゃい。

確かに。
まー、ぼくはつまんないと言うより不快な感じがしますが。

それから、その下に御本人のコメントが付いてますが、それを読むと、トラックバックというシステムが、そもそも一方通行を解消するための手段だったんですね。
しかし、手段があれば、それにどんな利用法があるか考えるのが人間というもの。その手段が、本来の目的だけのために利用されるはずがありません。可能であれば、本来の目的とは全く違う使用法もされてしまうものなのですね。
喩えるなら、金属バットで人を殴るようなもの(ちょっと違うか?)。
生命保険をかけておいて、人を殺しちゃうとか?(それも違う?)

本来は正しい目的のための道具であっても、悪用されることが多くなれば、やはり何らかの対策が必要なのではないですかね?
まぁ、ネットの世界では今迄も、ユーザの中で問題意識が高まると、有志がそれに対して改善していくと言うのがよくあるパターンなので、トラックバックスパムの問題もいずれ何らかの改善策が編み出されるのではないかと、ココは期待したいですね。
ぼくが前に書いた、逆トラックバックシステムはなかなか良いアイデアではないかと思っておるのですが。
誰か、このアイデアに目をとめてムーブメントにしてくれたりしないかなぁ?

あ、ちなみにあんねりあん(ぶろぐ編)にはトラックバック送らせていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/20

原因となりますので

050720_1346002.jpg
こういうのって、「原因となりますので」の後には「〜しないでください」って続くのが普通なんじゃない?
言いたいことは解るけどさ、文章としておかしくないかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

続きを読む

前回、自分のブログの記事が長過ぎでは?ということを書きましたが、今日はそれに関連してちょっと気になった事を一つ。

ブログによっては、記事が長いと、最初のページには冒頭の部分だけ表示されてるものがありますね。その下にある続きを読むって言うリンクをクリックすると、その記事の固定ページに飛んで、記事の前文が読めると。

これって、ココログでも可能なのかな?
どこで設定するのか、わからんのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/18

長過ぎですか?

ページのテンプレートを変えてみたついでに、これまでの記事を見返してみたのだけど、
長過ぎ!
ほんっと長いよ。
全然、眞鍋かをりのことなんか批判できませんね。
中でも長いのが、7月2日の、読んだ!、トラックバックとは何ですか?(トラックバックって?その3) って記事(タイトルも長過ぎ)。現時点での最長です。長さを正確に図ることは出来ませんけどね。段落換えとか引用とかあるので。
次点は、7月3日の「トラックバック★野郎」って(?)(トラックバックって?その4)ですね。

ここしばらく、トラックバックに関することの記事は少なくなってますが、やはり文章量からすると一番メインコンテンツかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

デザインとサブタイトルを変えました。

デザインと、サブタイトルを変えてみました。

デザインは、ココログデザインのリッチテンプレートの中にある、メタルというやつにしました。
何か、マックっぽいね。つ~か、iTunesとか、QuickTimeっぽい。僕はWinユーザーですが(^^ゞ

使ってたやつはココログプロが無料お試し期間だったときに、ちょこちょこっと自分でいじったヤツでした。
テンプレートの元々の設定では、センターカラムの幅が固定になってるんだよね。これだとちょっと、幅が狭すぎて、記事が結構、縦長になっちゃうんだよね。これでは読みづらいのでは?と思ったので、センターカラムの幅がブラウザのウィンドウ幅に合わせて伸縮するように設定を変えてました。
それから、表示フォントや文字色なども、自分の好みのものに変えてましたね。(フォントは見る側の環境に依存しますが(^^ゞ)
基本的にシンプルなデザインで、そこそこ気に入ってはいました。
しかし、納得の行くデザインと言うほどではありませんでした。シンプルすぎて、ちょっと見づらい点は否めません。無料お試し期間はあっという間に終わってしまい、あまりデザインをいじる時間もありませんでしたし。
ただし、ココログプロのときにテンプレートセットに登録したデザインは、ペーシックにプランを変更した後も使うことが可能なので、この点はよいですね。
なので、「自分好みのデザインにはしたいけど、それだけの理由でプラスにするのはなぁ」と思ってる人は、

  1. ページをローカルに保存。
  2. 保存したスタイルシートをいじり倒し、納得の行くデザインを作る。
  3. プランをプロに変更。
  4. 自分で作ったスタイルシートを、テンプレート セットに登録。
  5. 自作テンプレートセットを、ブログに適用。
  6. プランをベーシックに戻す。

という手順で、デザインを自分独自なものに変えることが出来そうです。(自分では試してませんが(^^ゞ)
この間の出費950円。

毎回更新する度にスタイルシートを添付するという方法で独自デザインにするという裏技もあるらしいですが、流石にそれは面倒ですよねぇ(^^ゞ

で、独自デザインからありもののテンプレートに買えた理由ですが、他の人のブログを見てて、気づいたのですよ。

「ひょっとして、インデントしたところが枠で囲われる仕様になってない?」

って。
これなら、記事の中の引用部分がより明示的になるじゃない。
これはステキ!と思ったのだけど、独自デザインを維持してこれを可能にするには、またココログプロにプラン変更して950円払わなければなりません。
それはちょっと面倒だぁ。つ~かお金勿体無い。
というわけで、テンプレートを変えてみたわけです。
そしたら、上記の推測は案の定でしたね。

あと、サブタイトルも変えてみたですが、う~ん、どうですかね?
ブログ自体の方向性が定まっていないので、サブタイトルはもとより、メインタイトルも未だに適当と思えるものが考え付きません。これは、当面色々変えながら試行錯誤していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またトラックバックが。

さっき、過去の記事からトラックバックを送ってたときに気づいたんだけど、
いつの間にか、いくつかの記事にトラックバックが付いてますね。

眞鍋かをりのブログの記事(7/11)には、アイドルINDEX 眞鍋かをりとかゆートラックバックが。
ちゃんと見てないんですけど、これって何なんですかね?

あと、TOYOTA HYBRID CITYの記事(7/7)の記事には、人妻密会倶楽部とかゆー、かなりあやしぃーところからトラックバックが。これが所謂、トラックバックスパムってやつですか!?

それからそれから、「トラックバック★野郎」って(?)の記事(7/3)にもトラックバックが。
サル[動物辞典]って、何すか?これ?
何か、サルに関する説明が書いてあります。しかしかなり簡略的。今更読むまでもない。しかも、Wikipediaより引用!ってことは、自分で書いたんじゃないのね。何じゃ?そりゃ!?
それから右側には、動物の名前がずらずらと並んでいます。クリックすると、其の動物に関する説明が、Wikipediaより引用されています。
うーん、このサイト自体の意図が分からん。何がしたいのか。
広告が、ページのほぼ中央、一番目立つ位置に置かれているところを見ると、いわゆるアフィリエイトを目的としたサイトなのだろうか?
だとしたら、他人の褌で金儲けをしよう何ざ、考えが甘いぜよ!
そもそも、ページのレイアウトが見づら過ぎ。本末転倒だよ!それとも、見た人が広告のリンクをクリックしちゃうようにわざと駄目駄目なレイアウトにしてるのかな?

ところで、何で「トラックバック★野郎」って(?)の記事にサルへのトラックバックが貼られたのかな?引用の中に、レッサーパンダの風太くんがどうのこうのって書いてあったのは記憶してるけど。

(記事を読み返す)

お!

都心に出没したサルなど、

って書いてありますね。それでか。
都心に出没してたんですね、サル。知らなかった。
ウチの高校には、よく出没してたけどな、サル。田舎だからなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

トラックバックしてみた。

トラックバック★野郎への投稿(?ってゆーんだね)も成功したということで、
過去に、このブログの中で引用させていただいた記事などに、トラックバックを打たせていただきました。
トラックバックを送った記事は以下の通り。

意外に少ないね、3つだけ。
というのはですね、意外なことに、ブログ虎の穴だとか、お知らせココログだとかは、トラックバック受け付けてないのね。見る限り、これらのページもブログのシステム(てゆーかTypePad)を使って作られているに違いないと思われるのだが。
トラックバックとコメントを受け付けるようにしたら如何ですか、ココログさん。
こういうのは、サイト管理者の度量や懐の深さが問われていると思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/15

トラックバック★野郎のお題って、

火曜なんだね、トラックバック★野郎のお題の更新。
今、ココログナビトラックバック★野郎へのリンクを見て知ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝動買いといえば、

ルッコラスプラウト!ですかねぇ。衝動買いといえば。

トラックバックの練習だけするのも何なんで、今週のお題にも答えようと思います。

先日、100円ショップで栽培セットがうっているのを発見して、買っちゃいました。先月の半ばくらいでしたかね?
というのは、会社の同僚からこんなことを言っていたからです。

「あのさぁ、この間ルッコラスプラウトの苗(?)を貰ったんだけどさぁ、何か白いもぁ~っとしたヤツが生えてきてさぁ、何か、腐海の森みたいになって、ラン、ランララ♪(ナウシカの曲)状態になってるんだけど、大丈夫なのかなぁ?」

結局彼は、不安になって捨ててしまったらしいのですが。
ルッコラスプラウトとは実際どんなものなのか、果たして"白いもぁ~っとしたヤツ"が生えてくるのは正常なのか、異常なのか。ずぅ~っと気になっていました。
100円ショップで栽培セットを栽培セットを見つけた瞬間、

「買うべし!」

と思いました。そして会社へもって行き、育てました。

結果は!
"白いもぁ~っとしたヤツ"は生えてきませんでしたね。
確かに、目が出始めの頃、白い毛のようなものは生えるのですが、全体を覆う程にはならないし、成長するにつれて目立たなくなっていきました。

収穫したスプラウトは、そうめんと一緒に食べたのですが、思いの外美味しかったです。
今では、スプラウト栽培にハマり、いろんなスプラウトを育ててます。(会社で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/14

バックオーライ!

前々から言っていた、トラックバックの練習。ってやつ。

トラックバック野郎のお題、また新しくなってるね。
いつ更新なの?
ネタ考えてるうちに終わっちゃうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/13

撮速メール

下の記事は、AIR EDGE PHONEから、"撮速メール"というヤツでエントリーしてみました。

件名とか、本文とか当然入れられるのだろうと思っていたら、何もなしにいきなりメール送信になっちゃうのね。
いくらなんでも、撮速過ぎだろ!

まぁ、出先で何かを発見!即エントリー!!ということがしたい場合は、これはこれでOKなのかもしれないけどね。火事の現場に居合わせた場合とか。

本来、別にブログにエントリーすることが目的ではないわけですが。
どういう使用目的を想定した機能なんですかね?
ちょっとイメージが沸きません。気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

from撮速メール

050713_1813001.jpg


(Jul.15th追記)タイトルが抜けてるのは案外不便なので、一応入れときました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

京ポンのカメラって、

前回の記事は、エアエッジフォンAH-K3001V、通称京ポンからメールでエントリーしたものでした。
写真も、エアエッジフォンで撮ったものをメール添付で送ったんですが、やっぱり画像が荒いね。
まぁ、充分っちゃ充分ですが、あらゆる点でダメダメな感じがします。
夜だし、仕方ない面もありますが。
裏を返せば、夜の光量が不十分な場所であれだけの写真が撮れるのは、すごい事ではありますけどね。
出先で、何かを見つけた時にとって即エントリー!って事が可能だと考えれば、充分魅力的なツールだと言えないこともないよな。


結局どっちなんだよ!
って感じですが、

意見とか、結論とかでなしに、思ったことを徒然に書くってものまぁ,それはそれでありかな?と。
強いて結論らしきものを書くとすれば、こんなもんじゃん?みたいな。
世間一般のケータイについてるカメラは、もっと全然凄いらしいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

STAR WARS Episode3 シスの復讐

050711_2156001.jpg見ましたよー、STAR WARS Episode3
めちゃくちゃ面白いですわ。

あんまり詳しくは書きませんが、面白いです。
何か、前回2作で失敗だったなと思われる点が、反省して、研究して、改善されてるな、という印象を受けました。正直、エピソード1やエピソード2では、実写部分とデジタル部分の融合に、違和感を覚えたんだけど。それがだいぶ薄れました。ヨーダがライトセーバーで戦うシーンとかね。エピソード2の時は、かなりうそ臭い感じがしてました。

最初の空中戦(宇宙戦?)のシーンで、もう、やられちゃいました。迫力もさることながら、何とも浮遊感があって、良い感じです。
何か、STAR TOURSを彷彿とさせますね。

あと、何と言ってもアナキンが、ダークサイドに堕ちるに至る、心の葛藤と変遷ですね。これが、ちゃんと描かれていて良いです。
まぁ、見る側にとちゃ、それを見に来たわけで。当然っちゃ当然ですね。エピソード2では、アナキンとパドメの心理描写が少なすぎるのでは?という気がしてました。エピソード3でも、欲を言えばもっと丹念に、深く描き込んで欲しかった気もしましたが。もっと、驚き、悩み、苦しむシーンが欲しかったですね。

それから、オビ=ワン!
無論、演じるのはユアン・マクレガーですが、これがもう、完璧にオビ=ワン・ケノービです。アレック・ギネスに見えてきちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋かをりのブログ

7日の記事で、眞鍋かをりのことを書いたんで、なんとなく気が向いて読んでみましたよ、眞鍋かをりのここだけの話

No.1ブログだとか、ココログのキラーコンテンツだとか、ブログの女王だとか言われてるみたいですが、

面白いやないですか、眞鍋かをり。

てゆーか、以前CXのウチくる!?にゲストで出てたときも思ったけど、

アホやね、眞鍋かをり。

でも、ちょっと段落替えが多すぎよ、あなた。
読みづらいっちゅーねん!
無自覚にEnterキーを押しまくってるんだろうね。
リッチテキストモードで記事を書くときは、Enterキーを押すと改段落になっちゃうからね。
段落替えずに改行する(<br />タグを挿入する)時は、shift + Enter ね。
ぼくは慣れてるんでまったく戸惑わず、何も考えなくてもshift + Enter を押してますけど。
大抵のHTMLエディタは、同じ動作をするので。

ところで、眞鍋かをりと言えば、例のブログ虎の穴其の十八の中で、

うれしいことに、眞鍋さんは全てのトラックバックに目を通しているとのこと。

って書いてあるけど、ホントか?
だって、一番最近の記事で、トラックバックの数が1415よ!
そんな数のトラックバックに目を通せるの?
そんなに暇なのか? > 眞鍋かをり

あ、何かかなり批判的な感じで書いちゃってますが、
実は結構好きです、眞鍋かをり。
昔(多分5年くらい前)ヤングマガジンかなんか漫画雑誌に、眞鍋かをりのグラビアが載ってて、その下にちょこっとエッセイみたいのが書いてあったんだけど、それを読んだときに、
この子頭良いなー、ただかわいいだけのグラビアアイドルじゃないな。
って思ったんだよね。
その時は、まさか横浜国立大に在学中だとは知らなかったのですが。
でも、国立大出身ってのも何か親近感沸くね。
前、宝島社から出たエッセイも買っちゃったし、実は。
其の中にも、国大のネタとか出てきて面白かった。

そう言えば、眞鍋かをりのブログも遂に本になるんですねー。

どうだろ?買っちゃうかなー?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/10

<ruby>タグ

使えないのね、<ruby>タグ。
ソース編集でタグを入れられるのは分かったけど、やっぱり何でもOK!ってわけでもないのね。(´・ω・`)ショボーン
まぁ、Web上でルビが振ってあるのって見た記憶ないけどね。

どのタグがいけて、どれは駄目なのか。またタグ以外でもココログの記事でどこまで出来るのか、これからもビシバシ探って行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/09

javascript

7月4日の、ココフラッシュの記事で書いた、サイドバーに貼るココフラッシュのことなんだけど、これってjavascriptで記述されてるんだよね。
いや、勿論貼る時にすぐ気づいたけどさ。
把握出来てないけど、多分他にもいっぱいスクリプトは使われてるんだよね、このページの中で。

だとするとよ、
記事を書くときに、HTMLのタグ編集が使えるわけじゃない。

とするとひょっとして、、、
この記事の中にもスクリプトを入れることって可能なのかしら!?

というわけで早速試してみたいところですが、肝心のスクリプトをそんなに直ぐに用意できないので、実際に試すのはまた今度ということで。

あ、他のブログでスクリプト関連の事が書かれてるか探してみなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

アクアポリスQ

読んだ。
いい感じ。

おっと、ここまでは昨日、帰りの電車の中でケータイのメールでエントリーしたものでした。

続きは帰ってから書こうと思って、忘れてました。

え~っとですね、

いいですよ、よさげですよ、 アクアポリスQ

いきなり、「日本政府に代わりこの国を治めはじめていた髪も眼もカラフルな統治府の決定に沿い、」って書き出しにやられちゃいますね。
なに? それ?? どういうこと????
って、頭ん中にクェスチョンマーク出まくりです。とりあえず、ここを読んで分かるのは、小説の舞台が日本らしいこと。でも、現在の日本ではないということ。
SF?
タイトルが、 アクアポリスQ だしね。SFっぽいよね。舞台設定は未来っぽい。でも、「現実とはちょっと違う現代」みたいな可能性もあるよね。歴史の流れがちょっと違った場合とかさ。例えば、「大東亜戦争に日本が勝った」とかさ、逆に「ソ連が日本に上陸した場合」みたいなね。
その後も、気になるキーワードが続々出てきます。SSS( スーパー・サイエンス・スクール ) とか、空虚とか、人格希薄化( パーソナリティ・ペーリング ) とか、怪物化 ( モンスタレーション ) とか空虚点とかね。
しかも、これらの単語に関する説明は殆どなし。既知のものであるかのようにこういった単語がぽんぽん出てくるの。
こういう書き方、好き。
勿論、意図的なんだろうね。読者に疑問を残させつつ、どんどんストーリーを進めていくという。これで逆に読者を物語の世界に引き込もうとしているのでしょう。それでいて、説明しないと本当に付いてこれなくなるような部分は、ちゃんと説明してるしね。Q龍の成り立ちと、その名前の由来とかね。
今のところ分かっているのは、

  • 現在は空虚から15年後である
  • 空虚後5年でモンスタレーションは急速に静まった。
  • 空虚前13年に、Q龍は立ち入り禁止区域に指定されたことがある。
  • そのさらに何年か前に、Q市は大水没で陸地の4割を失っている。

といったところか。
読者にさまざま提示された謎は、これから物語が進む中で徐々に解き明かされていくのだろう。こいつは、読み逃せませんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

TOYOTA HYBRID CITY

僕は、My Yahoo!をブラウザのホームページにしてるんだけど、
今日アクセスしたら、バナー広告に眞鍋かをりが!

反射的にクリックしたら、TOYOTA HYBRID CITYというサイトでした。

まだ、導入部しか見てないんだけど、
なんか結構請ったつくりのサイトで、フラッシュかなんか使ってるの。
眞鍋かをりが案内役になってて、ムービーでトヨタのハイブリッドテクノロジーを紹介しているらしい。

で、思ったんだけど、眞鍋かをりの演技、なんか「田舎くさくないすか?」
わざとらしいというか、臭いというか。
まぁ、実際には何もないところで演技をして、あとから絵をはめてるんだろうから、演技しづらかったっていう面は当然あるのだろうケド。
でも、今日日役者には、何も無いブルーバックでも、リアルな演技をするイマジネーションが求められるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/06

ブログのレイアウト

前々回の記事ナビにアクセスしづらい状況で、お知らせココログから記事をまるごとこぴぺしたら、レイアウトがめっちゃ崩れてるのに気が付いたので、直したよ。

記事の編集ウィンドウで直すのはめんどそうだったので、Dreamweaverを立ち上げて、記事を丸ごとコピペ。修正した後、また編集ウィンドウのHTMLの編集タブの方にペーストしたよ。
何か、余計なタグは全部消えてくれちゃったみたい。
あと、<H3>タグは、記事の日付のところで使ってるから、使っちゃいかんですな。
<H3>にすると、その行に全部アンダーラインが引かれてしまいます。

おっと、前回の記事でも、<H3>を使っとった。いかん、いかん。こっちも修正せねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊アスキー新連載小説

週刊アスキーで、新しい連載小説が始まった。
そのタイトルは、

アクアポリスQ

まだ読んでないんですけど(^^ゞ

でも、 挿絵がいい感じ。
イラストは、寺田亨。知りませんけど。
ちなみに、著者の津原泰水って人も知りません。

でも、「読んでみようかな?」と思わせるのは、イラストの力だよね。
雑誌の連載小説においては、イラストの影響力ってかなり大きいと思うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

ナビにアクセスしづらい状況

http://info.cocolog-nifty.com/info/2005/07/post_3226.html

2005.07.04

ナビにアクセスしづらい状況

2005年7月4日(月)21:20~22:00まで、ココログナビに、アクセスしづらい状況が
発生しておりましたが、現在は復旧し、正常にアクセスできるようになりました。

ご利用のお客さまには、ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

これからも、ココログをよろしくお願いいたします。

そういうことだったのね。
何かめっちゃおっそいなー とは思っていたんだけど。
記事を書く都合上、どうしても ココログナビ ココフラッシュ にはアクセスして内容を確認したかったんだけど。
おかげで、今日(7月4日)は、予定通り仕事が出来なかったわ。(ブログ書くのが悪いだろ!>自分)

つーか、その間に記事を2つもエントリーしてる自分ってどうよ?
(まぁ、プログを作成・編集したり、保存する方は別に普通で、全然重くなかったんだけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

HOW to トラックバック(!?)

前回、「トラックバック★野郎」のページに、肝心のトラックバックの方法が載ってなくて、「トラックバック出来な~い!」てなコトを書きましたが、

よく見たらあるじゃないのねぇ、トラックバックの方法へのリンクが。
トラックバック野郎の使い方はこちらってボタンがさ。

ここ見たら、簡単に分かったよ、トラックバックの方法。
まぁ、まだ試してないけどね。(^^ゞ
でも、これなら間違いよう無いでしょう。
絶対失敗せんでしょう。

そうそう、記事作成ウィンドウの右下にある、相手先のトラックバックURL を入力って枠、
何なんだろう?ってずっと気になってはいたんだよね。(だったら早く気付けよ > 自分)
ここに、件のトラックバックURLを入力すればよかったのね。
なるほど、なるほど。
これなら絶対失敗せんでしょう。
でもやっぱ、トラックバック一発目はトラックバック野郎にしようかな?
今週のお題は、

これをやらなきゃ始まらない&終わらない!

さぁ、何でしょうねぇ?
うーん、特にないかも。
まぁ、何か考えますよ。
そんで、トラックバック野郎へのトラックバックに見事成功したら、
今度は他のブログにもビシバシトラックバックしていこう。(実は結構不安だったり?)
今迄も、よそのブログを引用したり、コメントしたりしときながら、トラックバックは付けてなかったんだよね。
過去の記事からも、トラックバックて付けれるんだよね、きっと。
それから、最近頻繁に書いているトラックバックのマナーとか問題に思う点に関しても、気になることを書いていたり、同調できるブログを幾つか見つけたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココフラッシュ

ココログのトップページに、ココフラッシュという奴へのリンクを発見。
ナンジャラホイ?と見てみたら、最近新規にアップされたココログ内の記事が一覧されるのね。
で、しかもカテゴリ別のソートも出来るじゃない。
やっぱり気になるのは「ウェブログ・ココログ関連」の記事
ココ数回、トラックバックに関して疑問やら、問題に思う点やら書いてきたからね。
自分と同じような考え、或いは全く逆の意見や、新たな視点を与えてくれるような記事は無いものかしら?と思い見てみたよ。
そしたら、やっぱりいるね。
トラックバックのシステムに不満を持ってる人が。
ここで、その記事にトラックバックを付けたいところですが、肝心のその方法がいまだ分からず。
でも、いつか絶対トラックバックしてやる!
というわけで、取り敢えずブックマーク(お気に入りの方が一般的か?)に登録しておいたよ。

それと、ココから本題。(前置きながっ!)

ココフラッシュを、自分のブログのサイドバーにも表示させられるということで、早速やってみたよ。
どうですか?

ちょっと、 、 、 ページ全体からココだけ浮いてません?

こんなもん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/03

「トラックバック★野郎」って(?)(トラックバックって?その4)

ココログには、「トラックバック★野郎」ってページ(?といってよいのか?)があります。
まぁ、ココログユーザーなら、皆さん御存知なのでしょう。
ぼくは、今迄「何じゃろかいなー?」と思いつつ、特に興味も無く無視してました。
しかし、ここ数回トラックバックに関して書いている以上、やはり「トラックバック★野郎」もチェックせずにはおれんでしょう。

というわけで見てみると、
サブタイトルが~トラックバック練習ページ~となっているではないですの!!
タイトルイメージの下、一番トップの説明には、

本コーナー「トラックバック野郎」は、皆さんにココログの機能であるトラックバックを気軽に活用してもらおうという試みです。はじめての方は、まずはご使用方法をご覧ください。

「なによ~、こんなのあったのね」
これこそ、今のぼくにぴったりのページだわ。
何しろ、トラックバックについていろいろ意見やら提案やら書いていながら未だに、実際に何処かのブログにトラックバックをつけたことは無いんですから。方法も分からないし。
「ここのトラックバック野郎のページを見れば、きっとトラックバックの付け方が分かるはずだわ」
と思ってページを見てみたのですが、
上記引用の下には、~今週のお題~とあって、

これをやらなきゃ始まらない&終わらない!

 はみがき、洗顔、入浴はもちろん、毎日必ずやっていることってありますよね。なかには、自分は普通にやっているけど、人から見ると驚いてしまうような習慣もあるのではないでしょうか。
 そこで今回は「これをやらなきゃ始まらない&終わらない!」と題して、みなさんの日課にしていることを募集します。

~ 以下略。

「フムフム、このお題に沿って記事を自分のブログにエントリーして、ここにトラックバックを付けるのね」
下の方に、トラックバックURLってでっかく書いてあるわ。URLは、http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4671946
なるほど、これがトラックバックURLね。あ、その上に

(お題とは関係のないテストを試みる方は、記事のタイトルを「バックオーライ!」としてください)

とも書いてあるわ。つまり、お題に関係なく、純粋にトラックバックの練習として使っても良いわけね。
「さ~て、ぼくも練習してみようかしら?トラックバックってどうやるのかしら??」
きっと、ここのページの下に書いてあるはずよね。その下には、

動物バンザイ!

 直立するレッサーパンダの風太くんや都心に出没したサルなど、最近、動物の話題が持ちきりですね。
 そこで今回は「動物バンザイ!」と題して、動物にまつわるエピソードを募集します。

あら、これは別のお題ね。毎週、2つお題が出るのかしら?
いや、日付を見ると6月28日と6月21日で1週間、間が開いてるわ。
きっと、お題は週1で出て、トップページには2週分表示されてるのね。
その下には、またトラックバックURLってでっかく書いてあって、さらにその下には、▼以下が、みなさんからのトラックバックになります。
って、みんなが付けたトラックバックがずらずらと並んでるわ。
ざっくり見てみると、案外、ちゃんとお題に沿った記事をトラックバックしてる人が多い見たいね。
ずらずらずらずら、トラックバックを眺めつつ、下までスクロールしてくと、続きを読む過去のお題はこちらと2つボタンがあって、
「あら、これで終わり?肝心のトラックバックの付け方に関する説明はなしなの?」
左右のサイドバーを見ても、左側は、ココログ入会案内と、ココログデザインへのリンク、右側は、過去のお題、バックナンバー、最近のトラックバック
と、やっぱりトラックバックする方法の説明は無いわ。
「マジですか?どうすりゃいいんですか?」
どっか見落としてます?ぼく。え~!?

といった感じで、結局今日もトラックバックを付ける方法については分からずじまい。
以下、続く。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「リッチテキストエディタ」

ココログ使い方ガイド7(http://www.cocolog-nifty.com/firstguide/firstguide30.htm)を見たら、ココログのブラウザからの記事の作成、編集でも、「リッチテキストエディタ」が使えるのね。知らなかったわ。まぁ、仕組みとしてはOutlook Expressや何かと同じだろうから、実装は簡単だろうけどね。 というわけで、早速リッチテキストに編集モードを変更して、1個前の記事でその機能を使ってみたよ。といっても、箇条書きだったところを、番号付きのリストに変えてみただけなんですけど。 これ、記事の作成ってタブと、HTMLの編集ってのと2つタブがあって、HTMLの編集のモードでは、まぁその名の通り、HTMLソースの直接編集が可能なのね。そこでふと思ったのだけど、これってひょっとして、編集画面でボタンが用意されていないタグにも対応しているのだろうか? ボタンが用意されているタグは、以下の通り。

それ以外の、例えば、

<h1>

とか、

<font size="+2">

ってタグにも対応してるんだろうか?
つーわけで試しにタグを入れてみたよ。どうやら、対応してるっぽいですな。
どうでっしゃろかいね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

読んだ!、トラックバックとは何ですか?(トラックバックって?その3)

昨日の記事の最後に参考としてリンクを貼った、:トラックバックとは何ですか?を読みました。(また、プリントアウトして、変える途中のスタバで読んだ)
何か、如何にも「英文翻訳ソフトを使いました」みたいな感じで、ちょっと可笑しかったです。場所によっては、その直訳調の文章から元の英文を類推しなければならなかったりしました。それでも充分に理解できたし、大いに楽しめたし、大変参考になりました。

読んだ後の考えとしては、
まぁ、基本線においては変わってないですね。

ただ、若干気になったのは、トラックバックをつける目的には、2種類あるって話。以下、トラックバックとは何ですか?(http://kotonoha.main.jp/weblog/000138_trackbackguide.html)から抜粋。

では、なぜBさんはAさんが言ったことに興味を持つのだろうか?
Aさんは、自分自身のウェブログに、Bさんのウェブログの記事に関するコメントを書いてある。これは遠隔コメント形式といえる――直接Bさんのウェブログにコメントを投稿するのではなく、Aさんが自分自身のウェブログに記事を書いて、それからBさんに通知するためにトラックバック・ピングを送る。
Aさんは、何人かの人たちが興味を持つような話題についての記事を書いた。これは、内容の集合の形式である――中心となるサーバーにトラックバック・ピングを送ることによって、訪問者はその話題についてのすべての投稿を読むことができる。例えば、ジャスティン・ティンバーレイクについてのウェブログ記事を集めているサイトを想定してみよう。JTについて読みたい人は誰でも、このサイトを見れば、他のウェブロガーたちが新しいアルバムについて、雑誌の写真について、などを語っている最新記事を常に把握できるわけである。

1個目の例は、従来の僕の考えを支持するものですね。
この、2つ目の例の方ね、気になったのは。つまり、トラックバックする目的は必ずしも、相手先(トラックバックPINGの送り先)の記事に言及する場合とは限らないってこと。
って事は、ぼくのバットマン ビギンズの記事にトラックバックをつけた2つのサイトも、
「バットマン ビギンズについてブログ書いてる、そこのあなた、バットマン ビギンズのブログ読んでるそこのキミ、貴方達が興味を持ちそうな情報が、こっちのブログにありますよ。さぁ、見にいらっしゃい」
と、こういった善意から発せられたトラックバックなのかね?
そ~ゆ~ことですか?
まぁ、鉤括弧内のことに関しては、そうなんだろうな。
「バットマンビギンズに関するブログを書いてるやつ、或いは読んでるやつなら、俺のブログにも興味を持つに違いない」と。或いは、「俺の書いた記事の方が、こっちより数倍面白いぜ」とすら思ってトラックバックした可能性も考えられるな。何しろ、僕のぐは映画やなんかに関してはあんまり深く突っ込んで書かないからね。それが何故なのか、というのは別の機会に譲るとして。
そうなのか、やっぱり善意から発せられたものだったのか?

うーん、どうも善意とは感じられないんだよなぁ。((+_+))
それって、僕だけでしょうか?

もし善意からのトラックバックだったのなら、せめて「私のブログも見てくださいね」みたいなコメントを付けるとかしたらどう?
あ、でもトラックバック付けた上にコメントも付けるのはうざいか?
そういう考えもありそうだけど、

  1. 自分の記事の中で相手先記事に言及する場合は、トラックバックのみ。
  2. 言及が無い場合は、トラックバック+コメント。

みたいなルールではいかがでしょう?

それに、(僕の記事にトラックバックをつけたブログの話に戻りますが)トラックバックPINGをかなりたくさんのブログに送ってるのは間違いないみたいなんだよね。それは、「トラックバックありがとうございます」ってコメントがいっぱい付いてることで分かるの。
善意がかなり沢山溢れている方々なのかな?

どうでしょ?
トラッックバックってのは、その目的は一先ず措くとして、機能という側面から見た場合、自分が好きな(ブログ)サイトに、自分のブログの特定の記事へのリンクとその冒頭部の抜粋を置くことを可能とするシステムなわけですよね。言わば、逆リンク。
だからその逆で、ブログの中の記事が、どれだけの他のブログへトラックバックPINGを送ったのかを表示するシステム、言わば逆トラックバックを表示することにしたらどうでしょう? 表示する、しないは、ブログ個々の仕様で決まるわけだけど、これは、そう難しくないはずだよね。 逆トラックバック一覧がブログの記事の横にでも一覧されてれば、そのブログの品位を計るバロメータになりませんか?
それに、よくあるお礼トラックバックだか何だかの妙な馴れ合いも、これで多少改善できる戸思いますし。
でもってもう一つ重要なのは、ブログサイトがトラックバックPINGを受け取った時に、送り元のブログがこの逆トラックバックを表示しない仕様の場合、トラックバックを拒否できると。
あとは、大量のトラックバックPINGを送ってるブログも、トラックバック・スパムとして拒否できるとかね。
そうしたら、かなり有用でブログの発展にも役に立ちませんか?

それにブログを巡って関連情報を集めたいという、純粋な目的から見ても、その記事を書いた人がどんな記事にトラックバックを送っているのかというのは有益な情報だと思いますけど。

如何でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

読んだ!、「ブログ虎の穴」 トラックバック特集(トラックバックって?その2)

昨日の、トラックバックって(?)の回で触れた、ブログ虎の穴のトラックバック入門ざっくり読んでみました。
(プリントアウトして、帰りの電車の中で^^; なので、この特集の中触れられているリンク先とかはまだ見てないんですが、)
今日は、ざっくりとその雑感。

と言っても、何を書いていいのか思いつかん。

否、思うことは多々あるのですが。

それら様々思うこと、考えさせられたことに、如何に優先順位を付け、整理して書くかという事を考えると、筆が進まなくなってしまいますね。
まぁ、そんなことを行っているといつまでも更新できなくなってしまうわけなので、書きますが。

取り敢えず、前回の記事と関連させて書くと、やっぱり、僕の思ったことは正しかったのかな?と。
僕が決定的に読み違えているんだったらごめんなさい。
何しろね、この特集の中でキーとなっている、StarChartLogのトラックバック・ポリシーってのをまだよく読んでないんだよね。
まぁ、ここを読んだらまた書くよ。感想とか僕なりの考えをね。
取り敢えず、自分のブログへのアクセスを増やすだけが目的のトラックバックは、やめていただきたいね。
やってる本人はどう思っているのだろう?

もう一つ、読んで思ったことを。
どうやらまだ、ブログの世界ではルールというか、マナーというか、プロトコル(protocol
)、でもないし。共通のモラルみたいなものが確立されてないみたいね。
だから、ぼくのブログにトラックバックをつけた2名も、敢えてマナー違反を犯してみたいな自覚は無い、のかなあ(?)

あ、最後に、
トラックバックに関連して、気になった(まだちゃんと読んでないけど)サイトだかブログだかへのリンクを。

トラックバックって何ですか?: http://kotonoha.main.jp/weblog/000138_trackbackguide.html

Movable Type公式の「トラックバック解説」の翻訳

StarCartLog: http://stella.cocolog-nifty.com/starchartlog/

上にも書いたけど、「ブログ虎の

穴」のトラックバック入門で管理人のStellaがコメントしてる、トラックバックに関して様々な考察を行ってるブログ
トラックバック・ポリシーを作ろう。ルールやマナーに悩む人のための作成ガイド : http://kotonoha.main.jp/2005/05/24making-trackback-policy.html

表題通り、ブログサイトのトラックバックポリシー作成のためのガイドラインを示している

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »