« 2004年9月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005/06/30

トラックバックって(?)

気がついたら、バットマン ビキンズの回にトラックバックが付いてる。
初トラックバックだゎ。
周りのごく親しい人間にすら報せていないこのブログに、トラックバックする人がいるとは(!?)
で、僕の書いた記事に関して、何か言及されているのかしら?と思って相手のブログを覗いてみたですよ。
そしたら何?
ぜんっぜん!僕のブログに関することなんか書かれてないじゃない。
共通項は、バットマン ビキンズに関する記事だってコトだけ。
しかも、サイトの何処を見ても、僕のブログにトラックバックを付けてる事を示す証拠は、何も見当たらないんですけど。
これは何?


つまり、こいうこと?
彼のサイトは、ただ単にぼくのブログを見に来た人に、自分のブログをPRするという、そういう目的だけのためにトラックバックを付けたわけ?
ひょっとして、バットマン ビキンズに関するブログを検索して、それに片っ端からトラックバックをつけてるの?
要するに、トラックバックってのはお手軽簡単なブログの広告手段だってわけ?
そしてぼくも、その手にまんまと引っかかってしまってサイトにアクセス、ブログを丁寧に読んでしまったと、
こういうわけですか?
何なんだ?それ!
しかも、彼の記事や或いはそこにトラックバックをつけてる他のブログでも、下の方に、コメントが付いてるわけですが、

「トラックバックありがとうございました。」

見たいのがやたら多いんですけど。
こいつら、ホントにありがたいと思ってコメントつけてんのか?
それとも、ブログをする上でのマナーというか、社交辞令としてコメントつけてるだけなのか?
或いは、さらに穿った見方をするなら、これらのコメントもまた自分のブログをPRする手段ということなのだろうか?

おっと、もうこんな時間だ。
今日のところはここまで。

トラックバックとは本来どういったものなのか、
ネットで調べて考察しようと思ったのだが、
それはまた次の機会に譲るとしよう。

取り敢えず、なんとタイムリーにもブログ虎の穴トラックバック入門( http://www.cocolog-nifty.com/toranoana/index.htm )という企画をしているでないの。
まだ導入部をチラッと見た程度だけど、トラックバック自体に関する考察を深く掘り下げたブログもやっぱり存在するみたい。
そこへトラックバックを張ろうか?とも思ったけど、そもそもトラックバックする方法がまだ分からないー!

というわけで今回はシメッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/29

復活!、価格.comくちコミ掲示板

いつのまにか、価格.comくちコミ掲示板への書き込みが解禁になってる。
まだぼくは、書き込んでませんが。

ざっと見た感じ、流石に未だ低調なようですが、
ぼくがよく出入りしてたiPodの板は、すでに結構質問等書き込まれてますね。
さて、どれからレス付けよう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/28

観た!、BATMAN BEGINS

いきなり連投ですが、
見たよぅ、バットマン ビギンズ
なかなか面白かった。

事前に、今までのバットマンシリーズとはかなり毛色が異なるということは聞いていたのですが、

てゆーか今までのバットマンシリーズは見てないし、見ようとも思わなかったんだよね。
ジョーカーのコスチュームからして、これはコメディ映画、
品の無いアメリカの笑いの気配が濃厚だったので。

シュワルツネッガーが、コミカルなヒールを演じたMr.フリーズは、ある意味見る価値ありかも?
とも思ったんだけど、結局劇場には足を運ばず。
先日、偶々深夜に放送していてチラッと見たのだけど、あまりにくだらなすぎてみるに耐えませんでした。
(まぁ、はやく寝たかったのもちょっとあるが)
何なんだ?あの意味も無く長くて、しかも大してエロくも無いセクシーシーンは!?
キャスティングだけ見るとかなり豪華なんですけどねぇ。

そんなわけで、「渡辺謙がバットマンに悪役として出演」と聞いたときは、
「謙さんもシュワルツネッガーみたいになっちゃうの?」と、まぁそれも見てみたいような見たくないような。
とにもかくにも謙さんハリウッド第2作だし。
と思っていたのだけど?
公開前にバットマン ビギンズのサイトを覘いたら、
「あれれ?悪役では無いんでない?」しかも、全然コメディー色も薄いような。
これは俄然!見る意欲が増してきましたよ。
今日(おっと、日付的には既に昨日だ)見てきましたよ。

というわけでレヴューですが、(前置き長すぎ!)
いやー、全然コメディー色無かったですね。
笑いの要素一切無し。
最後の最後だけ、ちょっとクスッとさせるネタが仕込んでありますが。

肝心の謙さんはと言うと、
案外、存在感薄かったですね。
ラストサムライばりの抑え目な演技だったんですが、
もうちょっと、怪僧然としたオドロオドロシイ演技の方が良かったんではないかな?と思ったりしてしまいました。

それ比べ、リーアム・ニーソンのかっこよいこと!
最高ですね。
絶賛ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/06/27

復活させようかな?

最近、うちの会社でもブログに注目しだしている。
というわけで、ここも久々復活させようかな?と思ったりしているわけだが。
やっぱあれですかね?
体裁とか拘らずに、思い付いた事をどんどん上げるのが続けるこつですかね?

というわけで、先ずは何を書こう?
トラックバックとかも、未だに良くわかってないんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2005年7月 »